« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

2012.10.18

snmptrapdでtraphandleが反応しない

snmptrapdで他からのメッセージを受信。
syslogには問題なく出力されているのに、traphandleが反応しない・・・。

例によって、例のごとく(?)、SELinuxの影響でした(苦笑

ただ、SELinuxを有効にした状態でコマンドを実行する方法がわからず、仕方なく、 setenforce 0 でpermissiveモードにして逃げてしまいました・・・(涙)。

# chcon -t snmpd_exec_t test.sh

のようにした場合、test.shそのものは実行出来るようになったのですが、その中で呼び出しているコマンド(例えばmailなど)を実行するタイミングでSELinuxに阻まれてしまいました・・・。

シェルスクリプトはさておき、それ以外の実行ファイルも片っ端からchconするというのは何か間違っているような気がするので、いったん、permissiveモードで逃げることにするかなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.14

CaptureNX2

Capture NX2を購入。

RAW現像/編集ソフトなら、他にも多くの製品があるのですが、D7000のRAWファイル(NEFファイル)を、オリジナルの状態を維持したまま編集可能、というのが選択の最大の理由かな。

早速何枚か編集してみたのですが、「カラーコントロールポイント」は結構便利ですね。
それ以外だと、露出補正/トーンカーブ調整程度しかまだ使っていませんが(^^;

ちなみに、Capture NX2はGPXファイルを用いたログマッチングは対応していないんでしょうか。まぁ、ViewNX2と使い分ければいいだけでしょうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.08

SSLInsecureRenegotiation

同じSSLクライアント証明書でも、端末によってアクセス出来たり出来なかったり、という現象に遭遇。

サーバーのログを見てみると、

SSL3_ACCEPT:unsafe legacy renegotiation disabled

のメッセージが。

で、調べてみると、IE-Apacheで急にSSLクライアント認証ができなくなった と同じ現象っぽい。

試しに、

SSLInsecureRenegotiation on

の設定を追加すると、一応アクセス出来るようになりました。

おそらく、Windowsのアップデート状況などに起因して現象が出る/出ないがあったのではないかと。

Insecureとあるだけに、可能なら on にしない方がよいのでしょうが、接続元の端末が特定出来ない状況では、 on にするのが現実的なところでしょうね・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.06

ntlmaps

NTLM認証を行うProxyサーバーを経由する際に、cntlmCntlm Authentication Proxy)を使用していたのですが、微妙に不安定・・・?(時々、接続が強制的に切断される)

まぁ、3年も前にインストールしたものなので、バージョンを上げることで改善するのかもしれませんが、別件で調査中に見かけたNTLM Authorization Proxy Server を使用してみることに。

インストール先は、ReadyNAS NV+ v2
パッケージが提供されていたので、インストールは非常に簡単。ntlmapsはPythonで動作するので、Pythonもあわせてインストールされます。

# apt-get install ntlmaps

インストール完了後、自動的に設定画面が表示されるのですが・・・上位Proxyサーバー(NTLM認証を要求するProxyサーバー)のポート番号を指定することができないなど、ちょっと中途半端な感じ?

設定情報は、/etc/ntlmaps/server.cfgに保管されているので、直接書き換えてしまった方が手っ取り早いかも。以下の5項目の設定を確認すれば、とりあえずはOK。

・PARENT_PROXY
・PARENT_PROXY_PORT
・NT_DOMAIN
・USER
・PASSWORD

後はサービスを開始するのみ。

# /etc/init.d/ntlmaps start

まだ稼働日は短いですが、安定して動いている感じです。

ちなみに、sysv-rc-config で確認したところ、インストールした状態で自動起動は有効になっている模様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.10.02

JAXBとプリミティブ型

久しぶりにJAXB使ってます。

@XmlElement(required = false)
public boolean someflag;

のような感じで定義したものを元にスキーマを生成しても、必須扱いになってしまう・・・(スキーマに、 minOccurs="0" が設定されない)。

何のことはない、プリミティブ型で定義していることが原因でした(Javaのプリミティブ型には null がないので、「何らかの値が必要」となってしまう、ってことなんでしょう)。

@XmlElement(required = false)
public Boolean someflag;

のような感じで、定義すればOK。

まぁ、知っていればなんてことない内容ではあるのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »