« ReadyNAS NV+ v2 で SSH | Main | JAXBとプリミティブ型 »

2012.09.30

ReadyNAS NV+ v2 で Subversion

ReadyNASXtrasのところでARM版Subversionのアドオンが公開されていますが、$2.49 となっているようです。

ただ、1.7系列でなくてもよいのであれば、パッケージで提供されているので、今回はそちらをインストール。

まずは、パッケージリストを更新。

# apt-get update

続けて、Subversionをインストール。

# apt-get install subversion

パッケージで提供されているバージョンは1.6.12でしたが、普段使用しているのが1.6系列なので特に問題なし。
svnsyncとcrontabを組み合わせることで、定期的にリポジトリのバックアップを取得する環境を構築出来ます。

もちろん、LAN内で使用するのであれば、ReadyNAS上のApacheと組み合わせてSubversionサーバーとして使用することも可能かと(今回は、その必要はなかったので、設定していません)。

ただし、内蔵メモリが256MBしか存在しないことなどが影響し、svnsyncの最初のうちは結構大変かもしれません。私のところでは、結構頻繁に Cannot allocate memory というエラーが出て、hook-scriptの実行に失敗してしまいます(^^;
まぁ、数十~数百程度のリビジョンの同期程度であればまず大丈夫な感じではありますが(数千のリビジョンを同期すると、ほぼ確実にエラーが発生する)。

ちなみに、topで見ていると、多数のリビジョンを処理して行くうちに、swapも含めてメモリ使用量が300~400MB程度まで達しているようです。

|

« ReadyNAS NV+ v2 で SSH | Main | JAXBとプリミティブ型 »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ReadyNAS NV+ v2 で Subversion:

« ReadyNAS NV+ v2 で SSH | Main | JAXBとプリミティブ型 »