« Trac1.0 リリース | Main | muttを使って添付ファイルを送信 »

2012.09.12

muninの生成データをtarにまとめる

munin が出力したファイル(htmlや画像ファイル)をtarにまとめて保管したいというのがきっかけ。

cronで、1日1回保存するようにすれば、dailyの画像ファイルだけあれば充分・・・ということで、ファイルサイズを小さくするためにも、daily以外の画像ファイルを除外する場合、以下のような感じで --exclude を使用すればOK。

tar zcvf sample.tar.gz --exclude='*year*' --exclude='*month*' --exclude='*week*' /usr/local/munin/www/docs/*

--excludeオプションは、tarアーカイブのファイル名と、実際の処理対象とするファイル指定の間に記述する必要があるっぽいので注意が必要(CentOS6.2の場合)。

最初、指定する場所を間違えて、-で始まるファイル名 のファイルが出来てしまい、削除するのに難儀してしまいました(苦笑)。
その場合は、--オプションを付けてrmを実行すればOK(参考:ファイル名がハイフンから始まるファイルの削除)。

rm -- -hogehoge

|

« Trac1.0 リリース | Main | muttを使って添付ファイルを送信 »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference muninの生成データをtarにまとめる:

« Trac1.0 リリース | Main | muttを使って添付ファイルを送信 »