« May 2012 | Main | July 2012 »

June 2012

2012.06.30

muninでグラフが表示されなくなった

まぁ、自分のミスに起因しているのですが、muninでグラフが表示されなくなってしまうという状況に。
別件で /var/opt/munin の権限設定などをいじっていた時に、どうも設定をミスってしまったようで・・・。記憶を頼りに元の設定に戻してみたつもりではあるのですが、どうにもこうにも復旧せず。

仕方がないので、/var/opt/munin を削除し、再作成することにしました(それまでに蓄積されていたrrdのデータはいったん諦めるということにして)。

make install を行う際に /var/opt/munin も自動的に生成されていたので、どういう処理を行っていたかを確認。

# make -n install | grep opt

得られた結果を見ながら、フォルダ作成等のコマンドを実行。

# mkdir -p /var/opt/munin/spool
# chown munin /var/opt/munin/spool
# mkdir -p /var/opt/munin
# mkdir -p /var/opt/munin/cgi-tmp
# chown munin /var/opt/munin
# chmod 0755 /var/opt/munin
# chown nobody /var/opt/munin/cgi-tmp
# chmod 0755 /var/opt/munin/cgi-tmp
# mkdir -p /var/opt/munin/plugin-state
# chown nobody:munin /var/opt/munin/plugin-state
# chmod 02775 /var/opt/munin/plugin-state

しばらく待ってから、muninのページにアクセスすると・・・無事にグラフが表示されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.28

CentOS6.2 + munin2.0.1でのエラー諸々

CentOS6.2 + munin2.0.1でハマったアレコレ。インストール時にエラーが出なくても、実行させた時にいろんなエラーが・・・。

1)rootへのメール(ノードへのアクセス時にエラーが発生していた)

Can't locate IO/Socket/INET6.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib64/perl5 /usr/local/share/perl5 /usr/lib64/perl5/vendor_perl /usr/share/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5 /usr/share/perl5 .) at /usr/local/share/perl5/Munin/Master/Node.pm line 18.

yum install perl-IO-Socket-INET6 で対応。

2)apacheのエラーログ1(Webページへのアクセス時にエラーが発生していた)

(13)Permission denied: exec of '/usr/local/munin/www/cgi/munin-cgi-graph' failed, referer: http://hostname/munin/nodename/nodename/diskstats_latency/sr0.html

chcon -R -t httpd_sys_script_exec_t /usr/local/munin-2.0.1/www/cgi/ で対応(SELinuxの設定)。

3)apacheのエラーログ2(Webページへのアクセス時にエラーが発生していた)

Can't locate CGI/Fast.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib64/perl5 /usr/local/share/perl5 /usr/lib64/perl5/vendor_perl /usr/share/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5 /usr/share/perl5) at /usr/local/munin/www/cgi/munin-cgi-graph line 32., referer: (略)

perl-CGI-3.49-2.el6.rfx.noarch.rpm をインストールすることで対応。

4)apacheのエラーログ3(Webページへのアクセス時にエラーが発生していた)

munin-cgi-graph: Can't open /usr/local/munin-2.0.1/log/munin/munin-cgi-graph.log (Permission denied) at /usr/share/perl5/vendor_perl/Log/Log4perl/Appender/File.pm line 103., referer: (略)

chcon -R -t httpd_sys_content_t /usr/local/munin-2.0.1/log/ および chgrp -R apache /usr/local/munin/log/munin/ および chmod -R 775 /usr/local/munin/log/munin/ で対応。また、 chcon -R -t httpd_sys_content_t /usr/local/munin-2.0.1/www/docs/ もついでに実行(htmlファイル生成時に使用しそうな気がしたので・・・もしかしたら、これはなくても良いのかも)。

5)munin-graph.log(Webページへのアクセス時にエラーが発生していた)
rrdtoolがpngファイルを作成する際にエラーが発生していた。
chown -R apache:apache /var/opt/munin/cgi-tmp および chcon -R -t httpd_sys_content_t /var/opt/munin/ で対応(もしかすると、ownerはmuninにして、chmod 775の方が良かったかも)。

やはりというか何というか、SELinuxで悩みましたね・・・(setenforce 0 で一度無効にした状態で動作したので、SELinuxの影響だと判断)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.27

CentOS6.2 + munin2.0.1

Munin 2.0(stable)登場☆新機能はとってもうれしいなって(第1回) を読んでみると、munin 2.0はなかなか良さそうな感じ。ってことで、1.4.7の環境をさっくりとあきらめて、2.0.1をインストールすることに。

まだ検証中の環境で、とりあえずmuninが動作するだけの状態だったので、OSから入れ直すことに(アップデートが原因ではまるのも面倒なので)。

CentOS6.2は、最小構成にインターネットブラウザ、Webサーバー、X Window System、デスクトップを追加した状態でインストール。なお、Webに接続できない環境での構築を想定しているため、CPANモジュールなどは別端末でダウンロードしたものをコピーしています。

ユーザーおよびグループ追加

# groupadd -g 4949 munin
# useradd -u 4949 -g munin -s /sbin/nologin munin

必要なパッケージをインストール(インストーラDVD #1)

# yum install make
# yum install perl-libwww-perl
# yum install dejavu-fonts-common dejavu-lgc-sans-mono-fonts dejavu-sans-mono-fonts rrdtool
# yum install perl-TimeDate
# yum install perl-MailTools
# yum install perl-Digest-HMAC perl-Digest-SHA1 perl-Socket6
# yum install perl-IO-Socket-INET6

必要なパッケージをインストール(インストーラDVD #2)

# yum install perl-rrdtool
# yum install perl-MIME-Lite

Perl用モジュールをインストールhttp://pkgs.repoforge.org/からダウンロード)

# rpm -ivh perl-Time-HiRes-1.9724-1.el6.rfx.x86_64.rpm
# rpm -ivh perl-Net-Server-0.99-1.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-HTML-Template-2.9-1.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-ExtUtils-CBuilder-0.2603.01-1.el6.rfx.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Module-Build-0.3607-1.el6.rfx.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Convert-ASN1-0.22-1.el6.rfx.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Test-Simple-0.98-1.el6.rfx.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Log-Log4perl-1.26-1.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Params-Validate-0.95-1.el6.rfx.x86_64.rpm
# rpm -ivh perl-Net-SSLeay-1.36-1.el6.rfx.x86_64.rpm
# rpm -ivh perl-File-Copy-Recursive-0.38-1.el6.rfx.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-IPC-Shareable-0.60-2.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Log-Dispatch-2.26-1.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Date-Manip-5.56-1.el6.rfx.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Log-Dispatch-FileRotate-1.19-1.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Mail-Sender-0.8.16-1.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Mail-Sendmail-0.79-1.2.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-Crypt-DES-2.05-3.2.el6.rf.x86_64.rpm
# rpm -ivh perl-Net-SNMP-5.2.0-1.2.el6.rf.noarch.rpm
# rpm -ivh perl-CGI-3.49-2.el6.rfx.noarch.rpm

FCGI用のパッケージをインストールhttp://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/からダウンロード)

# rpm -ivh fcgi-2.4.0-10.el6.x86_64.rpm
# rpm -ivh fcgi-devel-2.4.0-10.el6.x86_64.rpm
# rpm -ivh fcgi-perl-2.4.0-10.el6.x86_64.rpm

munin2.0.1のビルド&インストールを行う

# tar zxvf munin-2.0.1.tar.gz
# make
# make install
# chown -R munin:munin /usr/local/munin-2.0.1/
# ln -s /usr/local/munin-2.0.1/ /usr/local/munin

なお、Makefile.config の以下の部分を書き換えてからビルドしています。
PREFIX = $(DESTDIR)/usr/local/munin-2.0.1
CONFDIR = $(PREFIX)/etc

プラグインの追加(とりあえず、基本的なものを入れてみます)

# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/memory /usr/local/munin/etc/plugins/memory
# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/cpu /usr/local/munin/etc/plugins/cpu
# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/if_ /usr/local/munin/etc/plugins/if_eth0
# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/vmstat /usr/local/munin/etc/plugins/vmstat
# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/load /usr/local/munin/etc/plugins/load
# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/diskstats /usr/local/munin/etc/plugins/diskstats

/usr/local/munin/etc/munin.conf で以下の行を設定

cgiurl_graph /munin-cgi/munin-cgi-graph

なお、/usr/local/munin-2.0.1/www/docs/static/dynazoom.html において cgi-bin でハードコーディングされていたところがあるので、その部分を munin-cgi に書き換えておきます(ズーム機能が使えなくなる)。

/etc/httpd/conf.d/munin.conf を作成する(セキュリティ設定は考慮していません)

ScriptAlias /munin-cgi/ /usr/local/munin/www/cgi/
<Directory /usr/local/munin/www/cgi/>
  Options ExecCGI
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

Alias /munin/ /usr/local/munin/www/docs/
<Directory /usr/local/munin/www/docs/>
  Options None
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

アクセス設定を行う(SELinux対応付き)

# chgrp -R apache /usr/local/munin/log/munin/
# chown -R apache:apache /var/opt/munin/cgi-tmp
# chmod -R 775 /usr/local/munin/log/munin/

# chcon -R -t httpd_sys_script_exec_t /usr/local/munin-2.0.1/www/cgi/
# chcon -R -t httpd_sys_content_t /usr/local/munin-2.0.1/www/docs/
# chcon -R -t httpd_sys_content_t /usr/local/munin-2.0.1/log/
# chcon -R -t httpd_sys_content_t /var/opt/munin/

ノードの起動スクリプトを設定

# cp ./dists/redhat/munin-node.rc /etc/init.d/munin-node

スクリプト内の実行ファイルパスを修正。
/usr/local/munin/sbin/munin-node

実行してみる。
# /etc/init.d/munin-node start

ノードからのデータ取得用cronを設定

# cp ./build/resources/linux-cron.d_munin /etc/cron.d/munin

試しに実行してみる。
# su - munin --shell=/bin/bash
$ /usr/local/munin-2.0.1/bin/munin-cron


ブラウザからアクセスして、上手く表示できればOK。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.24

ピンクノイズ/浪漫舎

4月上旬にライブがあったんですよねぇ・・・。もっとも、事前に知ってたとしても、その時期は無理でしたが(涙)。

長らく行ってないなぁ。最後に行ったのは、2007年ですか(「今日までの私、明日からの君」ツアー)。

1991年にデビュー。デビュー当時から知っていたわけではない(知ったのは94年頃)のですが、もうそんなに経つんですね。受験勉強の頃、たまたま聴いていたラジオ(NHK-FM FMリクエストアワー)がきっかけでした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.20

KVMのゲストOSでアンダーバーが入力できない

CentOSで構築したKVM環境において、ゲストOS(CentOS)でアンダーバーが入力できないという現象に遭遇。Windowsからssh経由(PuTTY)なら問題がなく、ホストOSからVNC経由で作業している場合のみ発生するっぽい。

調べてみると、 KVM:仮想マシンで _ (アンダースコア/アンダーバー)が入力できない時の対処法 で解決。
/etc/libvirt/qemu/(vm-name).xml を開いて、

<graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes' />
の部分を、
<graphics type='vnc' port='-1' autoport='yes' keymap='ja' />
のように編集。

ゲストOSをシャットダウンし、

# virsh define /etc/libvirt/qemu/(vm-name).xml
で設定を反映し、ゲストOSを起動しなおせば、VNC経由でも問題なくアンダーバーを入力できるようになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.12

メモリ16GB搭載ノートPC

最初に入手したHDD : 40MB(SASI)
最初に買ったHDD : 540MB
最初に買った増設メモリ : 4MB(Cバス)

なんか、もはや、よく分からないですね(苦笑)。1MBのRAMディスクが感動的だった時代が懐かしいかも(笑

というか、メモリ8GBでも足りないって、何・・・??(^^;;

大学生の頃に使っていたHDDでも、1GBとか2GBだったかなぁ・・・。自作機作ったときで、20GB。

#サーバー機に至っては、数Uのラックサーバーでもメモリを200GB程度搭載出来たりするものもありますし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.06.02

BIG-IP LTM Virtual Edition

BIG-IPのハードウェアは何度か見たことがあるんですが、BIG-IP LTM Virtual Editionってのがあるんですね。

書店で サーバ負荷分散入門 という書籍を見かけて、ちら~っと見て知りました。

BIG-IPそのものの設定はしたことないのですが(今後も設定する機会はほとんどないような気もしますが)、VMware環境で設定の練習を行うことができるってのは助かる人もいそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »