« muninをソースからビルドする(2) 設定する | Main | EclipseとSubversion1.7 »

2012.05.19

muninで複数台端末を監視する

サーバーから監視される側の端末は、ポート4949を解放しておく必要があります(デフォルト設定の場合)。
また、muninのインストールは、make installは不要で、

# make install-common-prime install-node-prime install-plugins-prime

でOK。

監視される側の端末の設定( /usr/local/munin/etc/munin-node.conf )

host_name testnode2
allow ^192\.168\.0\.11$

ホスト名と、接続元(muninサーバー)のIPアドレスを指定します。

監視する側の端末の設定( /usr/local/munin/etc/munin.conf )

[testnode2]
    address 192.168.0.12
    use_node_name yes

muninのページにアクセスして、ノードが追加されていて、結果を確認出来ればひとまずはOK。

|

« muninをソースからビルドする(2) 設定する | Main | EclipseとSubversion1.7 »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference muninで複数台端末を監視する:

« muninをソースからビルドする(2) 設定する | Main | EclipseとSubversion1.7 »