« muninをソースからビルドする | Main | muninで複数台端末を監視する »

2012.05.18

muninをソースからビルドする(2) 設定する

muninサーバーの設定ファイル /usr/local/munin/etc/munin.conf ⇒ いったん、デフォルトのまま
muninノードの設定ファイル /usr/local/munin/etc/munin-node.conf ⇒ こちらも、いったんデフォルトのまま

使用可能なプラグインの確認

# /usr/local/munin/sbin/munin-node-configure -suggest

いったん、メモリーとCPUを設定してみる

# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/memory /usr/local/munin/etc/plugins/memory
# ln -s /usr/local/munin/lib/plugins/cpu /usr/local/munin/etc/plugins/cpu

デフォルトで結構数多くの情報収集用プラグインが提供されていて、それだけで事足りるケースもあるかもしれませんね。

munin-node起動用のスクリプトの設定

# cp /work/munin-1.4.7/dists/redhat/munin-node.rc /etc/init.d/munin-node

実行ファイルパスを編集します。今回の場合、実行ファイルは以下の通り。
/usr/local/munin/sbin/munin-node

実行してみます。
# /etc/init.d/munin-node start

自動起動に登録。
# chkconfig munin-node on

ちなみに、SELinuxにやられるかなぁ・・・と思っていたのですが、さっくりと動いてくれました(自動起動も含め)。

情報収集
テストしてみる。

# sudo -u munin /usr/local/munin/bin/munin-cron

問題なく実行出来ると、/usr/local/munin/www/docs/ にデータが出力されるはず。
cronに登録(ユーザーmuninで実行する必要があるとのこと)。
# crontab -u munin -e

内容としては以下のような感じ(5分間隔で情報収集)。
*/5 * * * * /usr/local/munin/bin/munin-cron 2>&1

Apache用の設定ファイルを準備

# touch /etc/httpd/conf.d/munin.conf

設定の内容としては以下のような感じ。ひとまず、セキュリティとかは考慮せず、「アクセス出来ること」のみを考慮。
ScriptAlias /munin/cgi/ /usr/local/munin/www/cgi/
<Directory /usr/local/munin/www/cgi/>
  Options ExecCGI
</Directory>

Alias /munin/ /usr/local/munin/www/docs/
<Directory /usr/local/munin/www/docs/>
  Options None
  Allow from all
</Directory>

http://[machinename]/munin/ で表示出来ると、ひとまず導入&設定成功ってことで。

|

« muninをソースからビルドする | Main | muninで複数台端末を監視する »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/54673241

Listed below are links to weblogs that reference muninをソースからビルドする(2) 設定する:

« muninをソースからビルドする | Main | muninで複数台端末を監視する »