« CentOS6でKVM環境を作ってみる | Main | KVMのゲストOSにコンソール接続を行う »

2012.05.09

KVMのゲストOSをブリッジ接続に変更する

KVMは、デフォルトではNAT接続になる模様。ただ、NAT接続の状態だと、ゲストOSから外部に接続する場合はともかく、別端末からゲストOSに接続するのが難しいので、ブリッジ接続に変更します(ちなみに、Xenの場合はデフォルトがブリッジだったような)。

1.ブリッジ用のインタフェース定義ファイルを作成(eth0をコピーして作成)

# cp /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0

2.ifcfg-br0 ファイルの内容を編集

DEVICE="br0"
TYPE="Bridge"
#HWADDR=...
NM_CONTROLLED="yes"
BOOTPROTO="dhcp"
ONBOOT="yes"

  • HWADDRはコメントアウトしているが、削除しても問題なし。

  • NM_CONTROLLEDはNetworkManagerによる制御を行うかどうかの設定ですが、yesのままで問題ないようです(KVMの場合、NetworkManagerを停止しておく必要があるという情報も見かけましたが・・・)。

  • なお、ホストのIPアドレスを固定にするのであれば、BOOTPROTOのところをstaticにして、IPアドレスなどを指定します。

3.ifcfg-eth0 ファイルの内容を編集

DEVICE="eth0"
HWADDR=...
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
BRIDGE="br0"

  • HWADDRは元々設定されていた値をそのまま使用します。

4.サービスを再起動する。

# service network restart

  • ちょっと時間がかかりますが、正常に設定出来ていると、全てOKとなるはず。

5.設定結果を確認する。

# brctl show

  • bridge name : br0 に対して、 interfaces : eth0 が割り当てられていればOK。

6.NAT用のインタフェースを停止する。

# virsh net-autostart default --disable
# virsh net-destroy default

  • brctl show を実行すると、ブリッジ br0 のみが見えるはず。

7./etc/sysctl.conf ファイルを編集して、ファイアウォール(iptables)でフィルタリングしないように修正。

net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables = 0
net.bridge.bridge-nf-call-iptables = 0
net.bridge.bridge-nf-call-arptables = 0

  • ただ、元々上記の設定になっていた・・・。仮想化を組み込んでインストールしたからか?

8.念のため、OSの再起動を行う(OS起動時に全ての設定が完了しているかどうかを確認するため)。

|

« CentOS6でKVM環境を作ってみる | Main | KVMのゲストOSにコンソール接続を行う »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KVMのゲストOSをブリッジ接続に変更する:

« CentOS6でKVM環境を作ってみる | Main | KVMのゲストOSにコンソール接続を行う »