« PostgreSQL9.1.3のストリーミングレプリケーション | Main | BIG-IP LTM Virtual Edition »

2012.05.30

I/Oバリア機能

最近のLinuxで有効になっているI/Oバリア機能と、RDBへの影響

I/Oバリア機能ってのは初めて知りました。RHEL6でデフォルトで有効なのであれば、CentOS6でもデフォルトで有効なんでしょうかね?

マウント時の設定で無効化することができるとのことなので、データベースファイルを保管するディレクトリーを別パーティションとして作成しておいてマウントするようにする(システム領域は有効のままとする)、ってのがいいのかもしれませんね。

※というか、データベースサイズが巨大化しすぎてシステム領域に影響を及ぼさないためにも別パーティションとしておくべきですね。

|

« PostgreSQL9.1.3のストリーミングレプリケーション | Main | BIG-IP LTM Virtual Edition »

DB」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/54837809

Listed below are links to weblogs that reference I/Oバリア機能:

« PostgreSQL9.1.3のストリーミングレプリケーション | Main | BIG-IP LTM Virtual Edition »