« KVMのゲストOSにコンソール接続を行う | Main | KVMでゲストOSにisoイメージファイルをマウントする »

2012.05.11

CentOS:yumでメディアのみを参照するようにする

CentOSでyumでパッケージの追加を行う際、メディアのみを参照するようにした時のメモ。

例えば、CentOSのインストーラが/media/CentOS_6.2_Final/にマウントされている場合・・・

/etc/yum.repos.d/CentOS-Media.repo に設定を追加する

  • baseurl に、メディアのパス(マウントパス)を指定する。複数行指定すると、それらを順番に参照していく。今回の場合、以下の行を追加。

  • file:///media/CentOS_6.2_Final/

  • 以下の1行を編集して、使用可能にする。

  • enabled=1

/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo ファイルの編集を行い、DVD以外のリポジトリを参照しないようにする。

  • [base] セクション、[updates] セクション、[extras] セクションに対して、使用不可とする(ちなみに、gpgcheckの行より前に指定しなければならないっぽい・・・?)。

  • enabled=0

上記の設定を行っておけば、あとは、yum install ...などを実行すると、DVDのみを検索してくれるようになります。

|

« KVMのゲストOSにコンソール接続を行う | Main | KVMでゲストOSにisoイメージファイルをマウントする »

Linux」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CentOS:yumでメディアのみを参照するようにする:

« KVMのゲストOSにコンソール接続を行う | Main | KVMでゲストOSにisoイメージファイルをマウントする »