« KVMでゲストOSの自動起動の設定を行う | Main | psi-probeでグラフが表示されない »

2012.05.14

CentOS6でApache+Tomcatの連携

CentOS6の環境で、Apache - Tomcatの連携設定(proxy_ajp)を行ったのですが・・・見事にはまりました。

これまでと同じような感じで設定したのですが、503エラー。iptablesの設定が悪いのかと思い、AJPのポート番号に対してtelnetで直接突っついてみると問題なし。

TomcatのValveの設定で接続元IPアドレスを指定出来るような感じですが、そのような設定もなし。
念のため、ApacheとTomcatを同一の端末にインストールしても現象は変わらず。

Apacheのエラーログを確認すると、以下のようなログが。

[error] (13)Permission denied: proxy: AJP: attempt to connect to 192.168.**.**:8009 (***) failed
[error] ap_proxy_connect_backend disabling worker for (***)
[error] proxy: AJP: failed to make connection to backend: ***

これを手がかりに調べてみると・・・SELinuxが影響していたことが判明。
[Linux][Apache] SELinux 上での mod_proxy_ajp を参考に、

# setsebool -P httpd_can_network_connect 1

を適用してからApacheの再起動を行うと、あっさりと接続出来ました。

なんか、これで1時間くらいはまっていたような・・・。

|

« KVMでゲストOSの自動起動の設定を行う | Main | psi-probeでグラフが表示されない »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CentOS6でApache+Tomcatの連携:

« KVMでゲストOSの自動起動の設定を行う | Main | psi-probeでグラフが表示されない »