« Adobe ColdFusion9(デベロッパー版)をインストールしてみる(2) | Main | smartFORCEのインストールを試してみる »

2012.05.06

Adobe ColdFusion9(デベロッパー版)をインストールしてみる(3)

Apacheとの連携が上手くいっていなかった部分の対応。

/opt/coldfusion9/bin/connectors の中に、apache_connector.shというファイルがあるのを発見。内容を見てみると、このスクリプトを実行すると、Apacheの設定を変更することが出来るようですね。ファイルのパス指定の部分を、

-dir /etc/httpd/conf \
-bin /usr/sbin/httpd \
-script /etc/init.d/httpd \

のように適切なものに書き換え、
# ./apache_connector.sh
と実行したところ・・・エラーが出ていました。

メッセージを確認すると、 httpd-devel パッケージのインストールが必要なようなので、

# yum install httpd-devel
でインストールし、再度 apache_connector.sh を実行。
今度は問題なく、httpd.conf ファイルも書き換えられました。

初期設定ページ( http://[machinename]/CFIDE/administrator/index.cfm )にアクセスして、パスワードを入力すると、しばらく処理が行われて、無事に正常終了。

いろんな設定があるようですが、これに関しては、別途必要に応じて・・・ってことで。

ひとまず、OS起動時に自動的に起動してくるようにchkconfigを設定(ついでに、不要なものを停止)。

# chkconfig httpd on
# chkconfig mysqld on
# chkconfig yum-updatesd off
# chkconfig bluetooth off
# chkconfig cups off

ColdFusuionそのものは、 coldfusion_9 と言う名前で登録されていて、自動的にオンになっていました。

|

« Adobe ColdFusion9(デベロッパー版)をインストールしてみる(2) | Main | smartFORCEのインストールを試してみる »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Adobe ColdFusion9(デベロッパー版)をインストールしてみる(3):

« Adobe ColdFusion9(デベロッパー版)をインストールしてみる(2) | Main | smartFORCEのインストールを試してみる »