« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

2012.02.29

淡雪/遊佐未森

1/18に発売されたアルバム。ベスト集など以外では、銀河手帖(2009/06/03)以来?

ほっとする音楽です。

歌詞で思ったこと。

「明日」という単語が含まれる曲が多い?
11曲中、インストゥルメンタルな1曲(アアルトの曲線)と、4行詩の1曲(Lily of the Valley)を除く9曲のうち、「欅~光りの射す道で~」「Snow Rose」「花と夢」「銀河に恋するプラネタリウム」「風の自転車」の5曲。

漢字でたった2文字の一般的な単語ではありますが。

#1月のライブに行きそびれたのが悔やまれる・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.21

さくらの専用サーバ

さくらインターネット、最速10分納品で複数台構成も可能な「さくらの専用サーバ」を提供開始

このスペックおよび機能でこの価格だと、なかなかよさげな感じですね(さくらインターネットの専用サーバ RAIDとの比較)。

クラウドWatchの記事によると、XenServerも利用可能とのこと。グローバルIPアドレスをどうするか、という点はさておき、Xeon 2.4GHz(4core)、16GB RAM、1TB HDDのスペックがあれば、XenServerで複数の仮想マシンを動作させても問題なく使えそう。

※ふと思ったのですが、XenConsoleから接続する場合、グローバルIPで接続することになるんですかね??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.20

WindowsでコマンドプロンプトからIPアドレスを設定する

netsh interface ipコマンドでIPアドレスを設定する を参考に・・・

固定IPアドレスを設定する場合、

netsh interface ip set address "ローカル エリア接続" static 192.168.56.51 255.255.255.0 192.168.56.2
こんな感じ。staticに続けて、「設定したいIPアドレス」「サブネットマスク」「デフォルトゲートウェイ」を指定。ヘルプによると、末尾に store=active と付加すると、再起動時に元に戻るっぽいです(動作までは確認していません)。

ただ、これだけだとDNSが登録されていないため、名前解決を行うことができません。ってことで、

netsh interface ip set dns "ローカル エリア接続" static 192.168.56.2 primary
こんな感じでDNSの登録を行えばOK。

ちなみに、DHCPにする場合は、

netsh interface ip set address "ローカル エリア接続" dhcp
って感じになるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.18

Google+のストリームへのコメント

Google+のストリームのコメントですが、そもそもの投稿の作成方法によってコメントの付き方が変わる??

■PicasaからGoogle+にアップロードした投稿に対するコメント
 ⇒ ストリームのところでしか確認できない(写真に対するコメントにはならない)

■Google+のページからアップロードした投稿に対するコメント
 ⇒ ストリームに対するコメントが自動的に写真に対するコメントになる

いずれも、1枚の画像をアップロードしただけなのですが、コメントの付き方が変わっているような感じです。
ストリームに対するコメントだけだと、文字通り、どんどんと流れて行ってしまうだけに、写真に対するコメントとして残るようにしておきたいところ。

なまじ、Picasaで管理しようと考えない方がいいんですかね・・・。Picasaで管理していると、「どのファイルをアップロードしたか?」というのがマークされて便利だったのですが。

他に何かいい方法あるのかもしれませんが・・・。

※ちなみに、Picasa3.9から、「Picasa Webアルバムへアップロード」ではなく「Google+ フォトへアップロード」に変わっていますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.10

薬局(保険調剤)でのポイント

禁止規定を明確化した上で、保険薬局における周知及び準備の期間を十分に設けるために、一部改正については、平成24年10月1日を施行日としてはどうか

ってことで、半年延期させる方向で決着ってところですか。

いろいろと思うところはありつつ、これに関する是非はさておき。

薬局で、保険診療分をクレジットカードで支払えるところって、どの程度の割合あるんでしょうか?
今までに処方せん持っていったところでも、実はクレジットカードOKだったところっていくつかあるんですかねぇ・・・。

1,000円程度の支払いならともかく、5,000円くらいになってくると、(カードのポイントが付くかどうかとは関係なく)カード払いしたくなってきてしまいます(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.08

TAMRON A007(SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD)

35mm判フルサイズ対応の大口径標準ズームでは世界初※1)手ブレ補正機構を搭載

現在メインで使用しているA09の後継レンズのような位置付けになるんでしょうかね・・・?(焦点距離が若干違いますが)

重量は約6割増(ニコン用で510g⇒825g)、全長は+1.6cm、最大径で+1.5cm・・・1周りほど大きくなるような感じみたいです。

同一焦点距離/絞り値で比べると、ニコン純正のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDは最安値で16万円程度。シグマの24-70mm F2.8 EX DG MACROが最安値で8万円程度。

さてさて、A007はどの程度の価格になるのやら?? まぁ、手振れ補正とか、超音波モーターとかが魅力的ではありますが、当面はA09のままでしょうねぇ~。

A09はコンパクトでF2.8通しであるにもかかわらず、実売で3万円前後となかなかお得感満載なレンズですからねぇ~。写りも良いですし(なんちゃってマクロにも使えますし)。個人的な難点としては、D7000で使うと広角側が換算42mmスタートになることでしょうか。それなりの頻度で、「もっと広角が」使いたくなるときも。

#しかし、タムロンのModelがわかりづらい・・・何か規則性はあるんでしょうかね??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.07

D800

Nikon D800発表。

サンプル画像をノートPCのディスプレイで等倍鑑賞しただけではありますが、「高画素が必要」なシーンも、確かにあるように思ってしまいますね(^^;

私自身はA4サイズまでのプリントしかしたことがありませんが、D800で撮影した会心の1枚をA0などに印刷してみたい誘惑に駆られてしまいます(笑

きっと、D800を使う(買う)こともないでしょうし、そもそも、使う機会があったとしても「会心の1枚」にはたどり着けなさそうですが。

しかし、ファイルサイズが20MBを越えるJPEGファイルって・・・(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.06

Picasa3.9

Picasa(3.8)からのアップロードでエラーが出る・・・。

ってことで、何となく、メニューからPicasaのアップデートを実行してみると、更新が行われました。
いつの間にか(?)、Picasa3.9がリリースされていたんですね。ヘルプページの更新日からすると、昨年末頃のリリースって感じでしょうか?(調べてみると、昨年の12/8とのこと⇒Google、“Google+”と連携可能になった画像管理ソフト「Picasa」v3.9を公開

Picasa3.9でGoogle+へ直接アップロードできるようになったので、いい感じですね。アップロード先のアルバムを適切に選択すると、PicasaWebアルバムとの同期もきちんと取れる感じです。

「共有に適したサイズ」でアップすると、自動的に長辺が2,048pixelになるようにリサイズしてくれますね。PicasaWebアルバムへのアップでは、(自動処理は)1,600pixelへのリサイズまでしかできなかったので、ちょっと得した感じ(笑)。

※今までも、ブラウザからGoogle+に直接アップロードできることは知っていたのですが、Picasaで管理したかったので放置していました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.02.05

YAMAHA DX7

YAMAHA DX7

NHK のど自慢では、今も現役で活躍中。もしかすると、ケーブルつないでマスターキーボードとしてしか使っていない(音は出していない)のかもしれませんが、メンテナンスとかもきちんとし続けているってことなんでしょうかね~。DX7ユーザーなら、音色を聴いただけで実際に音が出ているかどうかわかるのかもしれませんが、残念ながら私にはそこまではわかりません(^^;

FM音源マシンとしては、TX-81Zを持っていて、金属的な音色を結構多用していましたが・・・。あとは、独特のベース音。電波新聞社から発売されていた「パソコンFM音源音色ライブラリー」をOPZ用にパラメータを書き換えて使ったりしたことも。

ちなみに、DX7はボディが金属製だからか、かなり重かったような記憶が・・・仕様を見てみると、14kgですか。YAMAHA SY22を持っていた時期があるのですが、これで6.8kg。ALESISのQuadraSynthは何キロだったんだろ? 見た目ほどは重くなかったような気がします(QuadraSynthの音色はすごくぶっとかった印象が)。

25年後のセカンド・インプレッション [ DX7 & D550 ]でも記載されている三種の神器、YAMAHA DX7 / Roland D-50 / KORG M1 はあこがれでした(当時、中学生)。

DX7は83年5月発売とのことなので、来年で30年なんですね。何か記念イベントとか、記念モデルリリースとか、やったりするのかなぁ~。

#85年頃のYAMAHAのシンセカタログが、ぼろぼろになりながらも手元に残っていたりします(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »