« TortoiseSVNとSSLクライアント証明書(パスワードが保存されない) | Main | Could not execute PROPPATCH. »

2011.06.29

WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する(2)

WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する の対応では、「読み取りのみ」のユーザーの場合、CarotDAVなどのWebDAVクライアントでのアクセスができなくなってしまいます。

これは、GETリクエスト以外は拒否しているにも関わらず、WebDAVクライアントの場合はOPTIONSやPROPFINDなどのメソッドを投げてくるため。単純にブラウザ経由でダウンロードするだけであればこれでも何とかなるのですが、フォルダ単位でサーバーからファイルをコピーする場合などは、やはりCarotDAVなどを使いたいところ。

ってことで、設定を見直してみました。単純に、制限するメソッドとして、GET以外にOPTIONSとPROPFINDを指定すればオッケーのようです。

<LimitExcept GET OPTIONS PROPFIND>
  Require group testgroup1
</LimitExcept>
<Limit GET OPTIONS PROPFIND>
  Require group testgroup1 testgroup2
</Limit>

上記のような感じに設定すると、testgroup2は読み取りのみ可能となり、また、CarotDAVからも問題なくアクセスできるようになりました。

|

« TortoiseSVNとSSLクライアント証明書(パスワードが保存されない) | Main | Could not execute PROPPATCH. »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/52069138

Listed below are links to weblogs that reference WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する(2):

« TortoiseSVNとSSLクライアント証明書(パスワードが保存されない) | Main | Could not execute PROPPATCH. »