« shapado | Main | svnsync: Couldn't get lock on destination repos after 10 attempts »

2011.06.04

Trac>TicketCloneプラグイン

TicketCloneプラグインを導入してみたので、そのメモ。

以下のような環境において有用かもしれません。

・類似の2つのシステムをメンテナンスしている。
・同じTracプロジェクトで管理している。ただし、Ticketそのものはシステム毎に起票するルール。
・片方で不具合が出た場合、他方でも同様の不具合が発生しているケースが多い(⇒ほとんど同じ内容のチケットを2件起票する)。

リポジトリからticket_clone.pyをダウンロード(Trac 0.11系列用)。ソースを見た感じ、チケットのクローンを行うためにはTICKET_ADMINの権限が必要とのこと。

とりあえず、TICKET_CLONABLEという権限を別途追加して、チケットのクローン作成を行う場合は、この権限を有していればOKとなるように改造(さすがに、TICKET_ADMINは乱発したくないので)。

改造したソースはこちらから ⇒ ticket_clone-r284.zip (1.0K)

egg形式ではないので、導入したいプロジェクトのpluginsフォルダ内に ticket_clone.py をコピーしてApacheを再起動すればOK。

ほとんど内容が同じTicketなので、本文などはCopy&Pasteで対応できていましたが、各プロパティは個々に設定していく必要があり、それなりに時間がかかっていました。TicketCloneプラグインの導入で、その時間を大幅に短縮できるのではないかと期待されます(あと、入力ミスも減らせるかも)。

|

« shapado | Main | svnsync: Couldn't get lock on destination repos after 10 attempts »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/51812011

Listed below are links to weblogs that reference Trac>TicketCloneプラグイン:

« shapado | Main | svnsync: Couldn't get lock on destination repos after 10 attempts »