« Trac>DiscussionPlugin | Main | Trac>管理画面でUnicodeDecodeError »

2011.06.22

Trac>ProtectedMacro or AccessMacro

ProtectedMacroと、AccessMacro を導入してみました。
どちらも、同種のマクロで、Wikiページの特定の部分に関して「権限がない場合は非表示にする」ことができます。

今回やりたかったのは、iframeで表示したカレンダーに関して、直接編集可能なユーザーと、閲覧のみのユーザーを定義する、ということ(wdCalendar側のphpスクリプトを書き換えることで編集できないページも作る)。

結果としては、AccessMacro になりそうな感じ。

「特定の権限を持っている場合はAを、持っていない場合はBを表示する」という制御はProtectedMacroでは無理っぽい感じでしたので・・・。

例えば、WIKI_ADMIN権限を有しているかどうかで判断するとした場合、

{{{
#!access
#allow(WIKI_ADMIN)
{{{
#!html
<iframe width="100%" height="500" src="/calendar/index_editable.php">カレンダー</iframe>
}}}
}}}
{{{
#!access
#deny(WIKI_ADMIN)
{{{
#!html
<iframe width="100%" height="500" src="/calendar/index_viewonly.php">カレンダー</iframe>
}}}
}}}

って感じで設定すると、期待した動きをしてくれそうな雰囲気。

|

« Trac>DiscussionPlugin | Main | Trac>管理画面でUnicodeDecodeError »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Trac>ProtectedMacro or AccessMacro:

« Trac>DiscussionPlugin | Main | Trac>管理画面でUnicodeDecodeError »