« Trac>DiscussionPlugin | Main | Trac>管理画面でUnicodeDecodeError »

2011.06.22

Trac>ProtectedMacro or AccessMacro

ProtectedMacroと、AccessMacro を導入してみました。
どちらも、同種のマクロで、Wikiページの特定の部分に関して「権限がない場合は非表示にする」ことができます。

今回やりたかったのは、iframeで表示したカレンダーに関して、直接編集可能なユーザーと、閲覧のみのユーザーを定義する、ということ(wdCalendar側のphpスクリプトを書き換えることで編集できないページも作る)。

結果としては、AccessMacro になりそうな感じ。

「特定の権限を持っている場合はAを、持っていない場合はBを表示する」という制御はProtectedMacroでは無理っぽい感じでしたので・・・。

例えば、WIKI_ADMIN権限を有しているかどうかで判断するとした場合、

{{{
#!access
#allow(WIKI_ADMIN)
{{{
#!html
<iframe width="100%" height="500" src="/calendar/index_editable.php">カレンダー</iframe>
}}}
}}}
{{{
#!access
#deny(WIKI_ADMIN)
{{{
#!html
<iframe width="100%" height="500" src="/calendar/index_viewonly.php">カレンダー</iframe>
}}}
}}}

って感じで設定すると、期待した動きをしてくれそうな雰囲気。

|

« Trac>DiscussionPlugin | Main | Trac>管理画面でUnicodeDecodeError »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/52008004

Listed below are links to weblogs that reference Trac>ProtectedMacro or AccessMacro:

« Trac>DiscussionPlugin | Main | Trac>管理画面でUnicodeDecodeError »