« VMware上のLinuxの時刻ずれ | Main | 64bit版CentOSにmod_wsgiをインストール »

2011.06.08

SELinuxの設定変更

CentOS(5.6)をGUIなしでサーバー用にインストールした場合、デフォルトでSELinuxは有効な状態(enforcing)になっているんですね。

SELinuxを無効化する場合、 /etc/sysconfig/selinux ファイルの以下の部分を変更。

SELINUX=disabled

mod_wsgi を読み込む際に、

cannot restore segment prot after reloc: Permission denied

というエラーが発生したことで気付きました(参考:modwsgi Application Issues)。

|

« VMware上のLinuxの時刻ずれ | Main | 64bit版CentOSにmod_wsgiをインストール »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/51863952

Listed below are links to weblogs that reference SELinuxの設定変更:

« VMware上のLinuxの時刻ずれ | Main | 64bit版CentOSにmod_wsgiをインストール »