« Tracの環境をPython2.6.6+mod_wsgiにしてみる | Main | Java SE7 »

2011.05.26

OSQAをインストールしてみる

さて、OSQAのインストールを。環境としては、beta3がリリースされていますが、revision870の頃のもの。trunkは既に1040を超えており、リビジョンログを見るとそれなりの数の不具合が修正されている模様。ってことで、trunkのソースを用いてインストールすることに。

CentOSへのインストールは、RHEL, CentOS 5 Installation Guide のページにまとめられています。悩むのもアレなので、インストール先等は準じて、/opt ディレクトリに(オープンソースQ&Aシステム OSQAのインストール方法 も参考に)。

# cd /opt
# mkdir OSQA
# cd OSQA
# svn co http://svn.osqa.net/svnroot/osqa/trunk .
# chmod u+w cache
# chmod u+w log
# chmod u+w forum/upfiles
# mkdir db

mod_wsgiを使用するため、それ用のスクリプトファイルを準備する(テンプレートがあるので、それをコピーして使用)。

# cp osqa.wsgi.dist osqa.wsgi
# chmod a+x osqa.wsgi

sys.path.append のところ(2行)と、osqa.settings のところを書き換え。

import os
import sys
sys.path.append('/opt')
sys.path.append('/opt/OSQA')
os.environ['DJANGO_SETTINGS_MODULE'] = 'OSQA.settings'
import django.core.handlers.wsgi
application = django.core.handlers.wsgi.WSGIHandler()

DB設定等を行うファイルを準備(これもテンプレートがあるので、それをコピーして使用)。書き換えたのは以下の部分。

DATABASE_NAME = '/opt/OSQA/db/osqa.db'
DATABASE_ENGINE = 'sqlite3'
APP_URL = 'http://your.server.com'
TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'
LANGUAGE_CODE = 'ja'
DJANGO_VERSION = 1.3
DISABLED_MODULES = ['books', 'recaptcha', 'project_badges', 'updater', 'oauthauth', 'facebookauth' ]

DISABLED_MODULESは、そもそもどんなモジュールがあるのかを把握できていません・・・。

DBの初期化。

# python manage.py syncdb

途中で表示される以下の質問には、no を回答。

You just installed Django's auth system, which means you don't have any superusers defined.
Would you like to create one now? (yes/no):

ディレクトリの所有者を設定。

# chown -R daemon:daemon .

Apacheの設定ファイルを作成。

# touch /etc/httpd/conf.d/osqa.conf

osqa.confの中身はこんな感じ。とりあえず、VirtualHostで定義。

WSGIPythonEggs /var/www/.python-eggs
Listen 8082
<VirtualHost *:8082>
  DocumentRoot /opt/OSQA/forum
  Alias /m/ /opt/OSQA/forum/skins/
  Alias /upfiles/ /opt/OSQA/forum/upfiles/
  <Directory /opt/OSQA/forum/skins>
    Order allow,deny
    Allow from all
  </Directory>
  WSGIScriptAlias / /opt/OSQA/osqa.wsgi
  CustomLog /var/log/httpd/osqa_access_log common
  ErrorLog /var/log/httpd/osqa_error_log
</VirtualHost>

ポート8082はiptablesで拒否しているので、とりあえずw3mでlocalhostから接続できることを確認。

ただ、最終的には、ポート80にまとめたいですね。URLとしては、http://servername/osqa/ でアクセスさせるような感じでしょうか。この辺はもう少し調査ですね。

|

« Tracの環境をPython2.6.6+mod_wsgiにしてみる | Main | Java SE7 »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference OSQAをインストールしてみる:

« Tracの環境をPython2.6.6+mod_wsgiにしてみる | Main | Java SE7 »