« FTPで共通(?)htmlファイルをアップロードする | Main | wdCalendarの内容をGoogleCalendarに取り込む »

2011.05.12

JavaからwdCalendarのDBにアクセス

普段からphpで開発している人に取っては、wdCalendarのデータを元にiCal形式のテキストを出力する処理をphpで記述するなんて、おそらくなんてことない内容だと思われます。きっと、1時間もあればサクッと作れてしまうのではないかと。

しかしながら、私にとってはphpはほとんど未知の言語(phpで記述されたアプリのインストールや、ほんの少しの手直し(「直し」とも呼べないような内容)程度しかできない状態)。まぁ、これを機にphpの勉強をする、という選択肢もあるのかもしれませんが、事情により、Javaで記述することに(^^; wdCalendarを動作させようとしているサーバーは、幸いTomcatも動作させることができる余力はあるので。

JDBCドライバの設定をしてデータ取得のテスト(フレームワークとしてはTeeda/S2Daoを使用)。

・・・見事に、文字化け(苦笑)したので、その対処法のメモ。

参考資料:MySQL:4.1日本語問題

■mysqlの動作環境をutf8にする
/etc/my.cnf に以下の内容を記述し、MySQLを再起動。

[client]
default-character-set = utf8

[mysqld]
default-character-set = utf8
skip-character-set-client-handshake

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

■wdCalendar用のDBを再作成
setup.sql では、create tableの際にlatin1が指定されてしまっているので、utf8に変更。

ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=latin1 AUTO_INCREMENT=4 ;
の部分を、
ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8 AUTO_INCREMENT=4 ;
に。
既にテーブルを作成している場合、 drop table jqcalendar; を実行してテーブルを削除しておきます。
データの移行が必要な場合、何らかの方法で対処する必要があります(今回は、テスト用のデータしか入力していなかったのでデータの移行なしに再作成を実施)。

とりあえず、この状態で、wdCalendarのサンプルスクリプト(php)で登録した内容を、文字化けすることなくJavaから参照することができました。もちろん、phpの画面からも問題なく表示できています。

ってことで、とりあえず環境は整った(?)ので、あとはがしがし実装するだけ・・・のはず。

#Teedaで使うdiconファイル等の設定も含め、ここまでの作業時間は1時間程度。う~ん・・・(苦笑)。

|

« FTPで共通(?)htmlファイルをアップロードする | Main | wdCalendarの内容をGoogleCalendarに取り込む »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JavaからwdCalendarのDBにアクセス:

« FTPで共通(?)htmlファイルをアップロードする | Main | wdCalendarの内容をGoogleCalendarに取り込む »