« CentOS5.5にTomcat6稼働環境を (設定) | Main | SB-700 »

2011.04.28

D7000 ファームウェア Version1.02

D7000 のファームウェア Version 1.02 を適用してみました。

普段の使い方で関係しそうなのは以下の2点。

  • 長秒時で静止画を撮影したときに発生する輝点を低減するため、[長秒時ノイズ低減] を [する] にしたときの長秒時ノイズの低減処理を行うシャッタースピードを「8 秒より低速」から「1 秒より低速」に変更しました。

  • [Fn] ボタンおよびプレビューボタンに [ファインダー内水準器] を割り当てたときに [Fn] ボタンまたはプレビューボタンを押すと表示する、水準器インジケーターの誤差を修正しました。
  • シャッタースピード変更の理由がなんなのかちょっと気になるところですね。画質とのバランスが8秒より1秒の方がよかったんでしょうかね??

    ファインダー内水準器に関しては、前回書いた 「液晶モニター水準器とのずれ」が解消されているような感じ? 触ってみた感じでは、ファインダー内水準器の1メモリと、液晶モニター水準器の1メモリが完全に一致しているようでした。そういう意味では、確かに「誤差」があったのかもしれませんね。

    |

    « CentOS5.5にTomcat6稼働環境を (設定) | Main | SB-700 »

    携帯・デジカメ」カテゴリの記事

    Comments

    Post a comment



    (Not displayed with comment.)


    Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



    TrackBack

    TrackBack URL for this entry:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/51501424

    Listed below are links to weblogs that reference D7000 ファームウェア Version1.02:

    « CentOS5.5にTomcat6稼働環境を (設定) | Main | SB-700 »