« Firefoxの検索を使いやすく? | Main | 城南高校(徳島)初戦突破! »

2011.03.26

WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する

ApacheでWebDAV用のフォルダーを作成するにあたり、

・ユーザーA(あるいはグループA) ⇒ 読み書き可能
・ユーザーB(あるいはグループB) ⇒ 読み込み(ダウンロード)のみ可能

というような設定を行う場合の設定。試しに、グループを使った場合の設定をしてみました。

まずは、以下のようなグループファイルを作成(パスワード管理ファイルは別途作成)。

group1: testuser1

group2: testuser2

WebDAV用の設定ファイルはこんな感じでいけそうです。

<Location /dav>
  Dav on
  Allow from all
  Options Indexes
  IndexOptions FancyIndexing FoldersFirst Charset=UTF-8 NameWidth=*
  AuthName "Webdav Folder"
  AuthType Basic
  AuthUserFile /etc/httpd/conf.d/.htpasswd
  AuthGroupFile /etc/httpd/conf.d/dav.group
  <LimitExcept GET>
    Require group group1
  </LimitExcept>
  <Limit GET>
    Require group group1 group2
  </Limit>
</Location>

testuser1はWebDAVでファイル保存等を行うことができますが、testuser2ではファイルの一覧表示、取得しか行うことができません(CarotDAVなどのWebDAVクライアントを用いた場合、ログインに失敗します)。

|

« Firefoxの検索を使いやすく? | Main | 城南高校(徳島)初戦突破! »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/51208337

Listed below are links to weblogs that reference WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する:

« Firefoxの検索を使いやすく? | Main | 城南高校(徳島)初戦突破! »