« Firefoxの検索を使いやすく? | Main | 城南高校(徳島)初戦突破! »

2011.03.26

WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する

ApacheでWebDAV用のフォルダーを作成するにあたり、

・ユーザーA(あるいはグループA) ⇒ 読み書き可能
・ユーザーB(あるいはグループB) ⇒ 読み込み(ダウンロード)のみ可能

というような設定を行う場合の設定。試しに、グループを使った場合の設定をしてみました。

まずは、以下のようなグループファイルを作成(パスワード管理ファイルは別途作成)。

group1: testuser1

group2: testuser2

WebDAV用の設定ファイルはこんな感じでいけそうです。

<Location /dav>
  Dav on
  Allow from all
  Options Indexes
  IndexOptions FancyIndexing FoldersFirst Charset=UTF-8 NameWidth=*
  AuthName "Webdav Folder"
  AuthType Basic
  AuthUserFile /etc/httpd/conf.d/.htpasswd
  AuthGroupFile /etc/httpd/conf.d/dav.group
  <LimitExcept GET>
    Require group group1
  </LimitExcept>
  <Limit GET>
    Require group group1 group2
  </Limit>
</Location>

testuser1はWebDAVでファイル保存等を行うことができますが、testuser2ではファイルの一覧表示、取得しか行うことができません(CarotDAVなどのWebDAVクライアントを用いた場合、ログインに失敗します)。

|

« Firefoxの検索を使いやすく? | Main | 城南高校(徳島)初戦突破! »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference WebDAVフォルダで「読み取りのみ」ユーザーと「読み書き」ユーザーを区別する:

« Firefoxの検索を使いやすく? | Main | 城南高校(徳島)初戦突破! »