« 目薬 | Main | ATOK2011環境でのタスク切り替えに関して »

2011.03.06

ATOK2011:タスク切り替えが重い?

ATOK2011にしてから、タスク切り替えが妙に重くなるケースがあるような・・・(本体スペックにもよるのかもしれませんが)。

今のところ、以下のような感じで操作すると再現します。

1.何かのアプリケーションを起動する。
2.Firefox(3.6)を起動し、googleの検索ページを開く。
3.日本語入力状態に切り替える。

一度別のアプリに切り替えた後、Firefoxに戻ってこようとAlt+TABでタスク切り替えを行うと、1秒くらい待ちが発生します。その間、FirefoxのCPU使用率が100%に。また、一度でも日本語入力状態に切り替えると、オフにしても現象が発生します(もちろん、一度もATOKをオンにしていない状態だと一瞬で切り替わります)。

同様の現象はEclipse(3.4)でも発生します。一方、Google Chromeなど現象が発生しないアプリケーションもあるようで・・・(単に気付いていないだけかもしれませんが)。

ATOKが影響しているのかどうかはわかりませんが、なんか不思議な現象・・・しかも、ちょっとストレスのたまる現象です・・・。ATOK2010に戻そうかなぁ・・・。

|

« 目薬 | Main | ATOK2011環境でのタスク切り替えに関して »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ATOK2011:タスク切り替えが重い?:

« 目薬 | Main | ATOK2011環境でのタスク切り替えに関して »