« ATOK2011:タスク切り替えが重い? | Main | Picasaウェブアルバムのディスク容量 »

2011.03.07

ATOK2011環境でのタスク切り替えに関して

ATOK2011:タスク切り替えが重い? に関してですが、同様の現象で悩んでいる人はいるようで。

で、考えられる原因および対処方法が書かれているページを見かけました。
atok2011を入れるとアプリの「最小化→戻す」がもたつくらしい

とりあえず、プロパティの、

「入力・変換」タブ
 >推測変換
  >確定履歴

のところで「確定履歴を使用する」のチェックボックスをオフにしてみました。体感的にも変化が感じられますね~。ただ、この確定履歴の機能そのものは便利そうな感じなので、なんとか改善して欲しいところです。

|

« ATOK2011:タスク切り替えが重い? | Main | Picasaウェブアルバムのディスク容量 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

関連記事がサポートFAQに載っていました。
[049764]ATOKを既定の言語に設定すると、アプリケーションウィンドウの切り替えや、アプリケーション全体の動作が遅い
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=049764
まずはATOK 2011で追加された機能を止めるIを試すのが良さそうです。
Iを行うと「過去に正しく入力・変換したことがあることばは、次から入力ミスをしても正しく変換される」機能が働かなくなります。
その代わり「確定履歴を使用する」オンのまま状況を改善できるかもしれず、そうであれば確定履歴を使わないよりは便利かと思います。

タスク切り替えには関係ないかもしれませんが、アップデートモジュールも出ているようです。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qasearchtop?MAIN=002001003001015
JUSTオンラインアップデートで導入できると思います。

Posted by: まあく | 2011.03.20 15:32

コメントありがとうございます。確かにローマ字入力ミスからの立ち直りより、確定履歴の方が利用頻度が高いように思います。ジャストシステムの公式案内でもあるので、早速設定を変更して、しばらく様子を見てみることにします。

※更新日(今回はおそらく初回公開日)が3/16ってことは、つい最近ですか。問合せが結構多かったのかもしれませんね。私自身も問合せしようと思ってはいたのですが、平日昼間しか受け付けていないって言うのが・・・(苦笑)。メールサポート導入して欲しいな~って思ったり。

なお、現在公開されているアップデートモジュールは適用済みですが、今回の現象とは無関係のようです(リリース時期もちょっと前ですし)。ただ、ジャストシステムが認識しているのであれば、いずれアップデートモジュールで対応されるかもしれませんね。

Posted by: syo | 2011.03.20 22:23

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ATOK2011環境でのタスク切り替えに関して:

« ATOK2011:タスク切り替えが重い? | Main | Picasaウェブアルバムのディスク容量 »