« JackrabbitでSSLクライアント証明書を使う | Main | ApacheとSubversionの両方をビルドする(2) »

2010.10.12

SubversionでSSLクライアント証明書(Linux)

数年前にSubversionとSSLクライアント証明書あるいはSubversionとSSLクライアント証明書(2)でWindows環境において試してみました。

今回、Linuxで同様の処理を行う必要が生じたので、そのメモ(正確には、svnsyncを使うための設定ですが)。

手動で行う際は、svn関連のコマンドを実行したタイミングで証明書のファイルパスおよびパスワードを聞いてくるので、そこで入力すればOK。

Client certificate filename: /filepath/cert.p12
Passphrase for '/filepath/cert.p12':

ただ、これだと夜間バッチでの自動実行を行うことができないので、証明書情報をどこかに保存しておくことに。もちろん、パスワードなどをファイルに保管しておくのはセキュリティ的にはよろしくないと思うのですが、そこは別の方法でファイルを保護するということで。

で、p12ファイルのファイルパスおよびパスワードは、 ~/.subversion/servers ファイルに記述するようです。ま、Windows版とほぼ同様ですね。

[global]
ssl-client-cert-file = /filepath/cert.p12
ssl-client-cert-password = certpassword

ってな感じで記述しておけば、クライアント証明書を都度入力することなくsvnsyncなどを行うことが可能となります。

|

« JackrabbitでSSLクライアント証明書を使う | Main | ApacheとSubversionの両方をビルドする(2) »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference SubversionでSSLクライアント証明書(Linux):

« JackrabbitでSSLクライアント証明書を使う | Main | ApacheとSubversionの両方をビルドする(2) »