« ServersMan@VPS vsftpd | Main | ServersMan@VPS muninでswapの監視をやめる »

2010.10.09

ServersMan@VPS muninでprivvmpagesの値を監視する

OpenVZ/Virtuozzoの場合、freeが示すメモリの値が当てにならない場合もあるようです。確かに、某所のVPS(Virtuozzo)においては、freeは全然小さな値なのに、メモリ不足と思われる現象でエラーが発生する、ということがあったように思います。もっとも、面倒なのでプロセス再起動でその場を凌いでいたので、本当にメモリ不足だったのかどうかは不明ですが(^^;

それはさておき、VPS (Virtuozzo) のメモリー使用量をmuninで記録する! で、OpenVZ/Virtuozzoのprivvmpagesの値を取得するスクリプトが公開されていたので、使ってみました。

1.muninの他のプラグインに習い、/usr/share/munin/plugins/ディレクトリー内に、vps_memoryというファイル名でスクリプトを作成。
2.chmodでスクリプトに実行権限を付与。
3.シンボリックリンクを作成。

ln -s /usr/share/munin/plugins/vps_memory /etc/munin/plugins/vps_memory

4./etc/munin/plugins.conf ファイルおよび /etc/munin/plugin-conf.d/munin-node ファイルに以下の2行を追加(もしかしたら、いずれか一方のファイルのみでいいのかもしれませんが)。
[vps_memory]
user root

5./etc/init.d/munin-node restart で再起動。

■余談
/proc/user_beancounters の取得結果を256で割った値を描画していますが、画面に表示される単位に換算するとちょっと微妙かも・・・。「4096を掛ける」&「graph_argsのオプションに --base 1024 を追加する」&「graph_vlabelの値を Bytes にする」とした方がしっくりくるかもしれません??(memoryスクリプトを参考) もっとも、この辺は好みの分かれるところかとは思いますが。
得られる値としては、memoryの値(内部では/proc/memory の値を取得しているようです)に近い値なので、memoryだけでもある程度の目安にはなるかも・・・?(この辺は、OpenVZのホスト側(?)の設定に依存してくるのかもしれませんが)

|

« ServersMan@VPS vsftpd | Main | ServersMan@VPS muninでswapの監視をやめる »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/49649101

Listed below are links to weblogs that reference ServersMan@VPS muninでprivvmpagesの値を監視する:

« ServersMan@VPS vsftpd | Main | ServersMan@VPS muninでswapの監視をやめる »