« ApacheとSubversionの両方をビルドする(2) | Main | SHUUBIインストアライブ »

2010.10.14

KeepAliveTimeoutの値の適正値は?

Apache2.2系列のconfファイルの場合、KeepAliveTimeoutの初期値は15です(少なくとも、CentOS5.Xに同梱されているApacheの場合)が、実際にはこの値は(多くの環境で)大きすぎることも多いという情報をいろんなところで目にします。

試しに、5に設定して運用してみているのですが、確かに、15より5の方が全体的なパフォーマンスは向上したような感じでしょうか。

muninでApacheのプロセス数も監視しているのですが、同時に稼働しているプロセス数が減っている(⇒メモリ消費量も少なくなった)ようです。もちろん、通常運用状態での比較なので、アクセス数などの条件が同じというわけではありませんが。mod_pythonでTracを稼働させていると、Apacheの各プロセスが結構メモリを消費してしまうので、プロセス数が少なく済むというのは非常に助かります。

#ブロードバンドが一般的になり、1単位のリクエストの所要時間が短くなったというのも影響しているのかもしれませんね。

|

« ApacheとSubversionの両方をビルドする(2) | Main | SHUUBIインストアライブ »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference KeepAliveTimeoutの値の適正値は?:

« ApacheとSubversionの両方をビルドする(2) | Main | SHUUBIインストアライブ »