« Trac/同一項目の複数条件指定(or指定)でエラー | Main | ServersMan@VPS使ってみる(2) »

2010.07.03

ServersMan@VPS使ってみる

ServersMan@VPS仮想専用サーバーサービス:ユビキタスプロバイダ DTI

現在使用しているレンタルサーバーの移行先を検討中。最長で2ヶ月間試用することも可能、とのことなので、試しにアカウント作成してみました(Proプランのエンジニアセット)。土曜日であるにもかかわらず、申し込んでから数分後にはログインできる状態に。

ServersMan@VPSは仮想化に OpenVZ を試用しているとのこと。なので、細かいリソースの確認は、freeコマンドなどではなく、

cat /proc/user_beancounters

で行うことになるのではないかと(もちろん、freeの値も重要ですが)。

何はともあれ、puttyで接続してあれこれ試してみようとしたところ、2バイト文字が化ける(^^;
どうも、ServersMan@VPSのCentOSは、デフォルトではeuc-jpで構築されているようですね(echo $LANG で確認)。/etc/sysconfig/i18n ファイルを以下のように編集して再起動することで対応。

LANG=ja_JP.utf8
LC_ALL=ja_JP.utf8
LINGUAS="en da_DK ja de_DE"

単純に環境を構築するのであればutf-8でもeuc-jpでもどっちでもいいとは思うのですが、Tracのソースコードなど、基本的に全部utf-8でファイルを作成しているので、デフォルトのエンコードがutf-8以外だと何かと面倒なので(^^;

|

« Trac/同一項目の複数条件指定(or指定)でエラー | Main | ServersMan@VPS使ってみる(2) »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ServersMan@VPS使ってみる:

« Trac/同一項目の複数条件指定(or指定)でエラー | Main | ServersMan@VPS使ってみる(2) »