« Unbound、難しい・・・ | Main | Unbound、もう少し頑張る »

2010.02.05

Unbound、頑張って設定する

Unbound、難しい・・・ の続き。

【LAN内の他の端末から(DNSサーバーとして)参照できない(3)】
Windows2000やWindowsVista、openSUSEやCentOSからは問題なく名前解決できるのですが、WindowsXPの場合のみ

*** Can't find server name for address 192.168.99.205: Non-existent domain
Server:
Address: 192.168.99.1

のような感じのメッセージが表示されてしまい、構築したDNSサーバーでの名前解決が失敗してしまいます(192.168.99.1はセカンダリDNSとして登録してあるルータのIPアドレス)。セカンダリDNSを指定しなかった場合は、
*** Can't find server name for address 192.168.99.205: Non-existent domain
*** Default servers are not available
Server: UnKnown
Address: 192.168.99.205

のように問題ない(とりあえず、構築したDNSサーバーを使用しようとする)ようなのですが・・・。

いろいろと調べてみると、192.168.99.205に対するホスト名を取得することができないのが原因っぽい。

[NT] NSlookup.exe の使用方法 によると、

Nslookup.exe の起動時にサーバー名が見つからない場合 :
Nslookup.exe ユーティリティの起動時に、以下のエラーが発生することがあります。
*** Can't find server name for address w.x.y.z: Non-existent domain

このエラーは、ネーム サーバーの IP アドレスに対する PTR レコードがない場合に発生します。Nslookup.exe は起動されると、逆引き参照を行って、デフォルト サーバーの名前を取得します。PTR データがない場合は、このエラー メッセージが返されます。この問題を解決するには、逆引き参照ゾーンが存在していて、そのネームサーバーの PTR レコードが含まれていることを確認してください。

unbound.confファイルに、

local-data: "dns.localdomain. IN A 192.168.99.205"
local-data-ptr: "192.168.99.205 dns.localdomain"

のような感じで、DNSサーバ自信の情報を登録しておけばOKのようです。

|

« Unbound、難しい・・・ | Main | Unbound、もう少し頑張る »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Unbound、頑張って設定する:

» 久しぶりのunbound [気の向くままに・・・]
過去に書いたUnbound関連のネタ。 ・unboundをインストールしてみた [Read More]

Tracked on 2010.10.20 21:13

« Unbound、難しい・・・ | Main | Unbound、もう少し頑張る »