« VLAN | Main | Unbound、頑張って設定する »

2010.02.02

Unbound、難しい・・・

とりあえず、Unbound使ったLAN内端末の名前解決の環境の準備はできました・・・が、今のままの状態では使い物にならないことが発覚。

Unboundは、デフォルトでは非常にセキュアな方向で設定されているようで、必要な部分を設定変更していく必要があるようです。

【LAN内の他の端末から(DNSサーバーとして)参照できない(1)】
デフォルトの設定では、127.0.0.1 以外でのリクエストは受け付けません。なので、/etc/resolv.conf ファイルにて、

nameserver 192.168.99.205

のような感じで指定している場合、名前解決を行うことができません。

この場合、unbound.conf ファイルに、以下のような感じの内容を記述すればOK。

interface: 127.0.0.1
interface: 192.168.99.205

なお、この設定変更は、reloadでは反映されないので注意が必要です(restartが必要)。

【LAN内の他の端末から(DNSサーバーとして)参照できない(2)】
/etc/resolv.conf に記述するアドレスは、192.168.99.205でいけるようになっても、LAN内の別の端末から参照しようとした場合、

Server: 192.168.99.205
Address: 192.168.99.205#53

** server can't find www.example.com: REFUSED


のような感じで、REFUSEDで怒られてしまいます。デフォルトでは、localhost以外からのリクエストは全て拒絶するようになっているため、
access-control: 192.168.99.0/24 allow

のように、アクセスを許可するIPアドレス等を指定してあげればOKです(当然ながら、Firewall等の設定(UDP53など)も必要ですが)。

この状態で、

local-data: "testsvr A 192.168.99.206"

のような感じで unbound.conf に記述すると、別端末から
nslookup testsvr

を実行しても、問題なく目的のIPアドレスが戻ってきます。

【testsvr のみでアクセスできない】
しかしながら、この状態でも、例えば Firefox で http://testsvr/ でアクセスしようとしてもアクセスできません(http://testsvr./ と記述すればOK)・・・。現在、hostsファイルでは testsvr のような感じで書いていて、それを前提にいろんな設定をしているところがあるので、できれば、testsvr.ではなく、testsvr のみでアクセスできるようにしたいところ(DNSの仕様上、無理だったりするのかもしれませんが)。

う~ん・・・。

なかなか、奥が深い・・・。

|

« VLAN | Main | Unbound、頑張って設定する »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/47454101

Listed below are links to weblogs that reference Unbound、難しい・・・:

» 久しぶりのunbound [気の向くままに・・・]
過去に書いたUnbound関連のネタ。 ・unboundをインストールしてみた [Read More]

Tracked on 2010.10.20 at 21:13

« VLAN | Main | Unbound、頑張って設定する »