« メジャー 6thシリーズ | Main | Thetisのインストール(2) »

2010.02.14

Thetisのインストール(1)

CentOS5.4へのThetisのインストール

Thetisのマニュアルインストール手順(例)を参考にしつつ。

CentOSにインストールされているRuby等はバージョンがちょっと古かったので、手動でインストールすることに。Railsは、過去にRedMineを試してみる時に使ったことはありますが、その時はWindows版で、Linux版の環境を構築するのは今回が初めてだったり。

■Rubyのインストール
Thetisとしては1.8.6あるいは1.8.7を想定しているようですので、1.8.7をソースからビルド。

# mkdir /work
# cd /work
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p249.tar.gz
# tar zxvf ruby-1.8.7-p249.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p249
# ./configure
# make
# make install
# cd ..

■RubyGemのインストール
どのバージョンを使えばいいのかわからないので、とりあえず現時点での最新版をインストール。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/60718/rubygems-1.3.5.tgz
# tar zxvf rubygems-1.3.5.tgz
# cd rubygems-1.3.5
# ruby setup.rb
# cd ..

■Rails等のインストール
Thetisで指定されているバージョンをインストール。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/45639/rails-2.1.2.gem
# gem install rails-2.1.2.gem

依存パッケージも含めて一式インストールされる。

ちなみに、その後知ったのですが、gem install rails -v 2.1.2 でもインストールできるようです。というか、そちらが本来のインストール方法なのかもしれません。

その他、Thetisで必要となるライブラリをインストール。

# gem install gettext -v 1.93.0
# gem install will_paginate -v 2.2.2

■MySQLのインストール
必要なMySQLのバージョンが不明だったので、とりあえず、CentOSにインストールされているバージョン(5.0.77)を使用することに。

# yum install mysql-server mysql

/etc/my.cnf ファイルを編集。

1.[mysqld]に以下の2行を追加。

max_allowed_packet=16M
default-character-set = utf8

2.[mysql]セクションを追加。内容は以下の通り。

[mysql]
default-character-set = utf8

rootのパスワードはデフォルトでは空なので、MySQLを起動してパスワードをセット(初回起動時にデータベースそのものも作成されるようである)。

# /etc/init.d/mysqld start
# mysql -u root
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('rootpassword');
mysql> Bye

※既にMySQLが稼働している場合、初期導入部分をどうするかは未確認(普段、MySQLを使用していないので・・・)。

#長くなるので、続きは次の投稿にて。

|

« メジャー 6thシリーズ | Main | Thetisのインストール(2) »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/47563718

Listed below are links to weblogs that reference Thetisのインストール(1):

« メジャー 6thシリーズ | Main | Thetisのインストール(2) »