« Squidでブラックリスト方式のアクセス制御を行う | Main | Squidでフッターを削除したい »

2010.02.19

Squidのエラーページを日本語に

アクセスを拒否した場合などのエラーページを日本語にする場合。

いかにもそれっぽい感じのフォルダがシンボリックリンクで定義されていたので、その部分を書き換え。

# cd /etc/squid
# rm errors
# ln -s /usr/share/squid/errors/Japanese errors

※シンボリックリンクを削除する場合、末尾に / を付加しないように注意。

・・・という設定でいけそうな気がするのに、メッセージが日本語化されません。さらに調べてみると、デフォルトではフルパスで処理されるようです。squid.conf ファイルの error_directory の部分を書き換え。

error_directory /usr/share/squid/errors/Japanese

もちろん、error_directoryの参照先を /etc/squid/errors にするというのもありかと。どちらがいいのかはよくわかりませんが、いずれの場合も、クライアントのブラウザの言語設定に応じた切替、というのはできない?

ちなみに、本文のメッセージを変更したい場合は、/usr/share/squid/errors/Japanese フォルダの内容をどこか別の場所にコピーして退避させておき、各ファイルを直接編集すればOK(あるいは、コピー先フォルダを編集し(当然、squid.confあるいはシンボリックリンクもコピー先フォルダを参照しに行くようにする必要があります)、オリジナルはバックアップとして残しておくという選択肢もあります)。

※デフォルトの文字コードがeuc-jpになっているのが悩ましいところですが・・・。

なお、英語版のページには管理者の連絡先を表示していますが、その部分の値は、squid.confにおいて、

cache_mgr hogehoge@example.com

のような感じで指定すればOKのようです(もっとも、キャッシュデータが破損した場合も、自動的にこのアドレス宛にメールを送信するようになっているようですが)。

日本語版のページに、管理者の連絡先がセットされていないのは何か意味があるんでしょうかね??(ERR_ACCESS_DENIED しか確認していませんが)

|

« Squidでブラックリスト方式のアクセス制御を行う | Main | Squidでフッターを削除したい »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/47577663

Listed below are links to weblogs that reference Squidのエラーページを日本語に:

« Squidでブラックリスト方式のアクセス制御を行う | Main | Squidでフッターを削除したい »