« December 2009 | Main | February 2010 »

January 2010

2010.01.31

unboundをもう少し使ってみる

LAN内に立てているサーバーは、基本的にDNSに登録されているなんてことはないので、IPアドレスではなくサーバー名(ホスト名)でアクセスしたい場合は hosts ファイルを使用するのが一般的。

今回、事情によりネットワーク構成の見直し(?)を行う必要が生じて、ある程度自由に設定してもいい、ってことになったので、DNSを立てることにしてみました(笑)。

CentOSには、普通にBINDが入っているのですが、設定がややこしそうだったのでパス。以前インストールしたことのあるUnboundを使用してみました。

Continue reading "unboundをもう少し使ってみる"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2010.01.26

チケット新規作成時に自動的に関係者を登録する

Trac/チケット作成時に自動的にCc(関係者)を登録する

すごく久しぶりにプラグイン作ったので、結構勘が鈍ってました(^^;

まぁ、ユーザー設定画面へのタブの追加や、Ticket入力画面の書き換えなど、これまでに作ったプラグインでちらほらと対応していたものの組み合わせで作ることができましたが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.01.25

Trac/メール送信時にステータス変更(Action)に応じたメッセージを付加する

Trac/ステータスが変更された際に自動的にメールを送信する のカスタマイズのさらにカスタマイズ。メール送信のカスタマイズ自体はかなり昔に作った内容ではあるのですが、今回、それをさらにカスタマイズすることになったので。

要件としては、例えば、ステータスがacceptされた場合は「チケットが受け付けられました」というコメントを付加してメールを送信、resolveになった場合は「チケットがクローズされました」というコメントを付加してメールを送信、って言った感じです(まぁ、単純なステータス情報の変更だけだと、メールに記載されているので、実際に出力するのはその付加情報になりますが)。

Continue reading "Trac/メール送信時にステータス変更(Action)に応じたメッセージを付加する"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.24

Trac/ステータスが変更された際に自動的にメールを送信する

昔の記事で書いたような気がしつつ、書いていなかったので、今さらではありますが。

Ticketのステータスが変更された時に、自動的にメール送信を行うようなカスタマイズ。今となってはかなり古いバージョンではありますが、Trac-0.11.1-ja1に対するカスタマイズです。

Continue reading "Trac/ステータスが変更された際に自動的にメールを送信する"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.23

LDAPデータの移行

事情により、LDAPのデータを別サーバにコピーする必要が生じました。ただし、可能であれば、「まるっと」コピーするのではなく、不要なユーザーデータの削除も行いつつ。

本当はもっと楽な方法があるような気もするのですが、とりあえず、今回行った手順をメモ。

まずは、移行元のサーバーからデータを出力。

slapcat > ~/allusers.ldif

allusers.ldifを編集。今回の場合、不要なユーザーデータの他に、以下の項目も削除する必要がありました。
structuralObjectClass / entryUUID / creatorsName / createTimestamp / entryCSN / modifiersName / modifyTimestamp

で、編集したldifデータを何らかの方法で移行先のサーバにコピーし、

ldapadd -x -D '.......' -w ******** -f allusers.ldif

でインポート。なお、structuralObjectClassなどの削除を忘れていると、以下のようなエラーが発生します。

ldapadd: Constraint violation (19)
        additional info: structuralObjectClass: no user modification allowed

削除対象となる項目はデータによって異なっているのかもしれませんが、逆に、OpenLDAPへのデータ取り込みのところで記載した項目のみを残すように編集してしまうというのもありかもしれません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2010.01.13

チケットのテンプレートを管理するTicketExtPlugin

ちょっと今さらな感はありますが、TicketExtPluginをインストール。「新規チケット作成する際にテンプレートが欲しいな~」という話が挙がってきましたので。

CustomFieldAdminPluginはインストール済みなので、json-pyをインストール。

# wget http://sourceforge.net/projects/json-py/files/json-py/3_4/json-py-3_4.zip/download
# unzip json-py-3_4.zip -d ./json
# cp json/json.py /usr/local/share/python2.5.2/lib/python2.5/site-packages/
# svn checkout http://trac-hacks.org/svn/ticketextplugin
# cd ticketextplugin/0.11/
# python setup.py install

念のためApacheを再起動。

あとは、プラグインを有効化し、管理者メニューから設定を行えばOK。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2010.01.12

Tracで添付ファイルの削除権限を分離する

Trac0.11でpermission_policiesLegacyAttachmentPolicyを有効にしている場合、添付ファイルの削除を行う場合は以下のような感じの権限設定になります。

Wikiページの添付ファイル ⇒ 要WIKI_DELETE権限
Ticketの添付ファイル ⇒ 要TICKET_ADMIN権限
マイルストーンの添付ファイル ⇒ 要MILESTONE_DELETE権限

結果として、例えばWikiページにおいて、「添付ファイルの削除はできるがWikiページの削除はできない」というような権限設定を行うことはできません。

ってことで、LegacyAttachmentPolicyを使用した状態で、添付ファイルの削除権限を分離できるようにTrac本体をカスタマイズ。本来は、Plugin等で作成して、Trac本体を修正せずに済ませたいところなのですが・・・。

Continue reading "Tracで添付ファイルの削除権限を分離する"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.11

XML-RPCを用いて添付ファイルの一括アップロードを行う

Tracでは、添付ファイルは1個ずつしかアップロードできません。複数一括でアップロードできるようにしようと改造を試みたのですが、なかなか難しく、挫折(いろいろな例外ケースを考慮しだすとなかなかややこしくなってしまいますし)。

ってことで、XML-RPCを用いて、「1ファイルずつアップロード」する処理を「ループ」させることにより、複数ファイルを一括で指定したページにアップロードするような小物ツールを作ってみました(Javaで開発)。

その時に悩んだのが、「XML-RPCの認証」と「ファイルのアップロード者」を同一扱いするか否か?

多分、運用ポリシー次第になってくるとは思うのですが、僕のところでは、「XML-RPCは基本的にXML-RPC専用のアカウントで行う」という風に運用しています。この状態だと、添付ファイルの登録者が全てXML-RPC用のユーザになってしまいます。

Continue reading "XML-RPCを用いて添付ファイルの一括アップロードを行う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.09

iRedmine

iPhoneでRedmineを使うためのiRedmineこちらでも紹介されています。

Redmineは昔(redMineだった時代)少し試してみただけで、今はRedmineは使っていませんし、そもそも僕自身はiPhoneも持っていないので、iRedmineを使うことはないような気もしますが、こういうの、いい感じですよね(^^)。

#iPodTouchなども、WiFi経由で同じようなことができるのかな?

Tracに最初に出会って、それをベースにいろいろとカスタマイズしながら使っているためにTracを使い続けていますが、先に出会ったのがRedmineだったらRedmineを布教していたかも知れません(笑)。

Tracも多言語対応したり、着実に進化し続けていますね。(^^) 0.12からはカスタムクエリで OR 検索も行えるようになるようで。ANDとORを組み合わせると、かなりいろんな抽出ができそうな感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.08

Javaで認証が必要なProxyサーバを使用する

JavaのHttpURLConnectionを使ってhttp通信を行う場合、-Dhttp.proxyHostや-Dhttp.proxyPortを使用することでProxyサーバを使用することができます。しかしながら、これだけだと、認証が要求されるProxyサーバを使用することができません(407になります)。

そんなときは、java.net.Authenticatorの実装クラスを作成して、

Authenticator.setDefault(Authenticator a);

でそれをセットしてあげればOK。Authenticatorの実体クラスとしては、例えば以下のような感じ。

Continue reading "Javaで認証が必要なProxyサーバを使用する"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.07

セカンドバッテリ

D70s用のセカンドバッテリを購入。ニコン純正品は6,000円以上するので、ロワジャパンのものを。SANYOセルのものが2,500円程度。仮にD70sの次に買ったモデルでもそのまま使えるのであればニコン純正も考えたのですが、その可能性は低かったので(^^;

定形外郵便でしたので、不在配達になることもなく、ポストに入ってました。

とりあえず、充電は完了。実際に使うのは、今使用中のバッテリが空になってから、かなぁ。最初に数回充電・放電を繰り返した方がいいとのことですが、なかなかそれも難しそうですし。今週末あたりに、1回目の使用に突入できればいいかな。フラッシュ使えばあっという間にバッテリが消耗するとは思うのですが、あまり使わないからなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.01.05

ATOK2010

Googleからも日本語変換ソフトがリリースされたりはしていますが、ATOK2010、予約しちゃいました(プレミアム版)。

なんか、ここ数年、毎年のように買っているような気がするなぁ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »