« ライブ | Main | 新標準PostgreSQL »

2009.12.08

Apache XML-RPCでProxyを超える

Tracに対してXML-RPCで通信を行う際はApache XML-RPCのライブラリを使用しています。

事情によりProxyを通す必要が出てきたので調べてみますと、org.apache.xmlrpc.client.XmlRpcSun15HttpTransportクラスにてProxyをセットするメソッドがあるとのこと。

しかしながら、使っているライブラリにおいてはそのようなクラスは見つからず。

変更履歴を見てみると、3.1.1(2008/8/10リリース)で追加されているんですね。

Added support for javax.net.ssl.SSLSocketFactory and javax.net.Proxy.

使っていたバージョンが3.1だったので、3.1.2(3.1.3はまだsnapshot状態のようなので)に変更して、無事にProxyを通すことができるようになりました。

実際には、org.apache.xmlrpc.client.XmlRpcSun15HttpTransportFactoryを経由して指定することになります。

#Tracに対してあれこれするツールを作り始めたのは2008年5月頃だったので、当時の最新版の3.1をそのまま使ってたっぽいです。

|

« ライブ | Main | 新標準PostgreSQL »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Apache XML-RPCでProxyを超える:

« ライブ | Main | 新標準PostgreSQL »