« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

2009.06.21

Clonezillaでリカバリ用のDVDを作成する

 Clonezillaを用いると、簡単にリカバリ用のHDDイメージを作成することができます。また、リカバリ用のイメージに関しても、ローカルデバイスの他に、ftpサーバやsambaサーバなどに保管することができます(残念ながら、ローカルデバイス以外を使用したことはないのですが)。

 リカバリ用のイメージを例えばUSB-HDDに保管した場合、同時にリカバリを走らせることができる端末台数はUSB-HDDの台数に制限されてしまいます(同じイメージを複数の端末に複製したいような場合)。多くの場合はこれでも充分だとは思いますが、頻繁に利用するイメージの場合、CD/DVDのメディアだけで完結できればいいなぁ・・・と思っていたら、標準でサポートしていました(Clonezilla Live 1.2.2-14で動作確認)。

※あと、USB-HDDがそれなりに安価になったとはいえ、やはり容量の都合もあるので、既に固定化されたイメージはDVDなどに焼いてHDDから削除しておきたいところであります。

 イメージの保存/復元といったメニューの中から、「recovery-iso-zip リカバリ用のClonezilla_Liveディスクを作成」を選択すればOK。Clonezilla Liveとリカバリ用のイメージを組み込んだISOファイルを作成することができるので、あとはそれをメディアに焼けばOK。複製も簡単(かつ、それなりに安価)。
 ただし、当然ながら、メディアに入りきらないサイズのバックアップイメージは無理です。DVD数枚組(あるいはCD数枚組)のリカバリセットを作ることができれば非常にうれしいのですが。

 ちなみに、Create Your Own Recovery Clonezilla Liveのページによると、使用しているプログラムの都合上、4.5GBを超えるファイルのイメージは作成できないとのことですが、これはiso化する元ファイルのサイズの話のようで、例えば2GBごとにファイルを分割していれば、DLのメディアを用いたリカバリDVDも作成可能となるようです(それでも約8GBが限界ですが)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.06.17

USBメモリでブートするUbuntu9.04

Ubuntu9.04をCDブートし、メニューから簡単にUSBメモリにUbuntu9.04をインストールできるんですね。
USBメモリの容量が足りているかどうかのチェックも問題なく行ってくれます。

UbuntuをUSBメモリから起動すると、内蔵CD/DVDドライブを自由に利用可能になるので、結構便利かも。

#CD/DVD非搭載のマシンでもブート可能になりますし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »