« InterTrac | Main | ServerSocketのbacklog »

2009.02.01

UnfuddleのインフラがAmazonEC2ベースに

Infrastructure Upgrades and Amazon EC2

ざっくり、以下のような感じ?(かなりの意訳あり・・・誤訳もあるかも)

・現在、Unfuddleは全体がAmazonEC2で動いている。
・膨大なUnfuddleのコード(Unfuddleのリポジトリに登録されているコードではなく、Unfuddleのサービスを構築しているコード?)を、スケーラブルなように回収した。
・パフォーマンスが大幅に改善された。
・各種ソフトウェアの更新も行ったが、その中で特筆すべきなのは、Subversionを1.5.xに変更したことである。それにより、SubversionのマージTrackingなどの機能を利用できるようになった。
・AmazonEC2のインフラを利用するようにしたことで、当面はインフラの増強をすることなくUnfuddleの強化(機能追加等)に力を注ぐことができる。

確かに、全体的にレスポンスが向上しているような気がします(特にSubversionリポジトリの過去のリビジョンに対してアクセスが発生するような操作を行った場合)。

#そういえば、サーバ側で動作しているSubversionのバージョンをクライアント側から知ることってできるんですかね??

|

« InterTrac | Main | ServerSocketのbacklog »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/43923235

Listed below are links to weblogs that reference UnfuddleのインフラがAmazonEC2ベースに:

« InterTrac | Main | ServerSocketのbacklog »