« Xen)Domain0/Uの比較 | Main | Domain0に割り当てるCPU数に関して »

2009.01.02

xm shutdownの挙動

 仮想マシン上のOSをシャットダウンする場合、DomainU上でshutdownコマンドを実行するか、あるいはDomain0でxm shutdown (domainU-name)を実行することになるのですが・・・Xen)Domain0/Uの比較 で書いたようにdom0-cpusの値をセットした場合、ステータスが「シャットダウン中」のまま、いつまでもプロセスがなくならないという現象が発生(どちらの方法でshutdownした場合も同じ挙動)。

 dom0-cpusの設定を元に戻すと、きちんとプロセスも終了するようになったので、おそらくこの部分の設定が影響しているのだとは思うのですが、はて?

 もちろん、xm destroy (domainU-name)を実行するとプロセスも終了させることができますが、果たして、これでいいのやら?(ちなみに、shutdownが効かない状態だと、rebootなども反応してくれませんので、こちらの方が影響が大きいかも)
 Domain0に割り当てるCPU数は、基本的に無制限にして使うのが一般的なんですかね??

|

« Xen)Domain0/Uの比較 | Main | Domain0に割り当てるCPU数に関して »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/43614936

Listed below are links to weblogs that reference xm shutdownの挙動:

» Domain0に割り当てるCPU数に関して [気の向くままに・・・]
 xm shutdownの挙動の続き。  XenでドメインUの仮想CPU数を絞る [Read More]

Tracked on 2009.01.03 at 10:30

« Xen)Domain0/Uの比較 | Main | Domain0に割り当てるCPU数に関して »