« Ja.NET | Main | RecentChangesマクロ »

2009.01.10

Xenの仮想マシン上の時刻が9時間ずれる

 Domain0において、ハードウェアクロックをUTCではなくlocaltimeに合わせるようにしていたことが原因っぽいです。/etc/sysconfig/clockファイル内の

HWCLOCK="--localtime"

の部分を
HWCLOCK="-u"

にして再起動すると、仮想マシン上の時刻も期待通りの値を示すようになりました。

 なお、Managing Accurate Date and Time 3. Linux マシンを正しく設定する を参考にしたのですが、LinuxとWindowsのデュアルブート環境の場合は上記の方法では正しく設定できないということになる・・・?
 まぁ、Xenを動作させる端末においてWindowsとのデュアルブート環境を構築することはないと思いますが(仮想マシン上でWindowsを動作させることはあるかもしれませんが・・・ただ、自分の場合はこのケースもまずあり得ませんが)。

#もしかしたら、他に解決する方法があるのかもしれません。

 ちなみに、openSUSE11.1では、ntpdateがdeprecated扱いになっているんですね。詳細は、Deprecating ntpdateに書かれているとのことです。これによると、sntpが後継のコマンドとなるようで。

|

« Ja.NET | Main | RecentChangesマクロ »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Xenの仮想マシン上の時刻が9時間ずれる:

« Ja.NET | Main | RecentChangesマクロ »