« XENBUS: Waiting for devices to initialise | Main | openSUSE + DB2Express-C »

2009.01.07

pgAdminIIIのインストール

 openSUSE11.1は、PostgreSQLはパッケージで提供されていますがpgAdminIIIは提供されていません(phpPgAdminは提供されているのですが)。openSUSE11.0用のrpmは提供されているのですが、openSUSE11.1用のものはまだ提供されていないようで。

 ってことで、ソースからインストールしてみました。なお、事前にYaST2から以下のパッケージおよびその依存パッケージをインストール(OSインストール時に開発関係のパッケージをほとんどインストールしていなかったため、かなり大量のパッケージのインストールが必要でした)。

・gcc
・gcc-32bit
・gcc-c++
・postgresql-devel
・wxGTK-compat
・wxGTK-devel
・libxml2-devel
・libxml2-devel-32bit (これは不要かも)
・libxslt-devel
・make

 あとは、単純にソースをダウンロード&展開してインストール。

# wget http://wwwmaster.postgresql.org/redir/311/h/pgadmin3/release/v1.8.4/src/pgadmin3-1.8.4.tar.gz
# tar zxvf pgadmin3-1.8.4.tar.gz
# cd pgadmin3-1.8.4
# ./configure
# make
# make install

/usr/local/pgadmin3 にインストールされるので、任意にシンボリックリンクなどを作成すればオッケーです。

# ln -s /usr/local/pgadmin3/bin/pgadmin3 /usr/local/bin/

 ちなみに、別の端末にコンパイル済みのファイルを持っていく場合、コピー先の端末にwxGTK-compatがインストールされている必要があります(インストールされていないとerror while loading shared libraries: libwx_gtk2u_stc-2.8.so.0: cannot open shared object file: No such file or directoryというエラーが発生)。ただ、(別端末では)とりあえず起動することの確認しかしていないため、どこかで上手く動かないところが出てきてしまうかもしれません。

#pgAdminIIIは(設定次第で)リモートの端末にもアクセスできるので、プログラムそのものをコピーしなくてもOKな場合も多いかとは思いますが。

|

« XENBUS: Waiting for devices to initialise | Main | openSUSE + DB2Express-C »

DB」カテゴリの記事

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference pgAdminIIIのインストール:

« XENBUS: Waiting for devices to initialise | Main | openSUSE + DB2Express-C »