« ATOK2009 | Main | ファイルDEメール »

2009.01.18

nlink

 nlink

 内容としては、JavaからDLLを呼ぶ際のラッパーのような感じですか。既存のDLLをJavaから呼び出そうと思うと、「既存のDLL(A)を呼び出すためのDLL(B)」をJavaのJNI仕様に従って作成し、DLL(B)を経由して実行する必要がありましたが、nlinkを利用すると直接DLL(A)を呼び出せるようです。

 All Javaで開発できれば問題ないのですが、開発内容によってはそういうわけに行かない場合も。そういうときに便利かもしれません(ライセンスはThe MIT Licenseとのことです)。

 ただ・・・チュートリアルに記載されているサンプルは問題なく動いたのですが、手元にあった「あるDLL」を利用しようとした場合、VMがクラッシュしてしまいました。いったいどこに原因があって、どのように解決すればいいのやら???(トレースにおいては、kernel32.dllの部分でエラーが発生したような感じではありますが)

 ちなみに、パスの通っていないところのDLLを利用する場合は、NLink.create()を行う際に第2引数でDLLファイルを指定する必要があるようです(java.library.pathは参照されていない?)。

#全然関係ありませんが、N****という名前を見かけると、bug太郎氏を思い出してしまいます(^^; N-TYPEとか。

|

« ATOK2009 | Main | ファイルDEメール »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference nlink:

» JNA [気の向くままに・・・]
 こげつきません JNAなるもの で知ったのですが、jnaを使うと、既存のライブ [Read More]

Tracked on 2009.01.27 09:15

« ATOK2009 | Main | ファイルDEメール »