« xm shutdownの挙動 | Main | XenのDomainUのディスク領域にDomain0からアクセスする »

2009.01.03

Domain0に割り当てるCPU数に関して

 xm shutdownの挙動の続き。

 XenでドメインUの仮想CPU数を絞る方法によると、dom0_max_vcpus=1オプションなるものがあるようで。
 /boot/grub/menu.lstファイル内の

kernel /boot/xen.gz

の部分を、
kernel /boot/xen.gz dom0_max_vcpus=1

のような感じでオプションを追加して再起動。この状態だと、xm shutdownを行った場合も、問題なくDomainUのプロセスが終了してくれるようです。

 ちなみに、/etc/xen/xend-config.sxp ファイルのdom0-cpusで設定を行った場合と、xm vcpu-listで表示される結果が異なってきていたりします。dom0-cpusによる設定の場合は、CPUは割り当てられた状態で、かつ、sleep状態になっているようなので(kernelパラメータの場合はそもそもCPUが割り当てられずリストに表示されない)、このあたりがshutdownの動作に影響しているのかもしれません。

 なお、pgbenchの結果としては、xend-config.sxpでCPU割当を"1"に指定した場合とほぼ同じ(誤差の範囲と思われる)パフォーマンスでした。

#起動時オプションとしては、他にdom0_mem=512Mのように、Domain0に割り当てるメモリ量の設定もあるようです(オプション一覧はあるんでしょうかね?)。

|

« xm shutdownの挙動 | Main | XenのDomainUのディスク領域にDomain0からアクセスする »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Domain0に割り当てるCPU数に関して:

« xm shutdownの挙動 | Main | XenのDomainUのディスク領域にDomain0からアクセスする »