« CentOSのTrac環境のUpdate | Main | カスタムクエリページでpreserve_newlinesを反応させる »

2008.11.26

DB2のSQLExceptionのスタックトレース

 DB2に対してjdbcドライバで接続した場合、SQLException発生時のスタックトレースにおいてIDやコードしか出力されないため、デバッグが結構手間に感じることが(他のドライバで接続した場合は試していないのでわかりませんが)。

 いろいろと調べてみると、接続時のパラメータでretrieveMessagesFromServerOnGetMessageの値をtrueにすればOKのようです。

参考:ftp://ftp.software.ibm.com/ps/products/db2/info/vr95/pdf/ja_JP/db2ajj950.pdfの資料の112ページ目(ページ下部のページ番号では102ページ目)。

|

« CentOSのTrac環境のUpdate | Main | カスタムクエリページでpreserve_newlinesを反応させる »

DB」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/43224993

Listed below are links to weblogs that reference DB2のSQLExceptionのスタックトレース:

« CentOSのTrac環境のUpdate | Main | カスタムクエリページでpreserve_newlinesを反応させる »