« XML-RPC Pluginでチケット作成日時を指定する | Main | ログインユーザに関するTicket一覧 »

2008.09.20

XML-RPC Pluginで関数を追加する

 Trac XML-RPC Pluginに関数を追加してみました。あまりカスタマイズしすぎると本家がバージョンアップした時が大変なので、個人的にはできれば避けたいところではあるのですが・・・。

 例えば、tracrpc/ticket.pyで各種(RPC用の)関数を定義しているところに、


yield ('TICKET_VIEW', ((dict, str),), self.getHogehoge)

と記述すると、

・実行にはTICKET_VIEW権限が必要である
・引数はString型1つのみである
・関数名はgetHogehogeである
・戻り値は、Structure(PythonではDictionary、JavaではMap)である

という関数が追加されます。

 あとは、これに対する実体を書いていけばOKです。例えば、以下のような感じ。

def getHogehoge(self, req, paramstring=''):
    result = {}
    #いろんな処理を実行して、resultに値をセットしていく
    return result

思いの外、簡単でした(^^;

|

« XML-RPC Pluginでチケット作成日時を指定する | Main | ログインユーザに関するTicket一覧 »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/42528718

Listed below are links to weblogs that reference XML-RPC Pluginで関数を追加する:

« XML-RPC Pluginでチケット作成日時を指定する | Main | ログインユーザに関するTicket一覧 »