« Pythonでxmlrpc | Main | VMwarePlayer用の仮想HDD »

2008.09.27

PYTHON_EGG_CACHE

 以前はSetEnvでApacheのconfファイルに書いていましたが、いつの間にかPythonOptionで指定することが基本になったようです。

 Trac0.11-ja1では、

egg_cache = req.subprocess_env.get('PYTHON_EGG_CACHE')
if egg_cache:
    os.environ['PYTHON_EGG_CACHE'] = egg_cache

といった感じで扱っており、Trac0.11.1-ja1では
options = req.get_options()
egg_cache = options.get('PYTHON_EGG_CACHE')
if not egg_cache and options.get('TracEnv'):
    egg_cache = os.path.join(options.get('TracEnv'), '.egg-cache')
if not egg_cache and options.get('TracEnvParentDir'):
    egg_cache = os.path.join(options.get('TracEnvParentDir'), '.egg-cache')
if not egg_cache and req.subprocess_env.get('PYTHON_EGG_CACHE'):
    egg_cache = req.subprocess_env.get('PYTHON_EGG_CACHE')

となってます。

・・・ってことは、PythonOptionで指定しないと、TracEnvなどのパスを基準に.egg_cacheを作成するので、プロジェクト一覧に.egg-cacheが表示されてしまう(Parentで設定していた場合)という現象が発生してしまうわけですね。

⇒TracEnvもTracEnvParentDirも指定せずにTracを動かすことは基本的にないと思うので、実質PythonOptionで指定することが基本になるのでは。

|

« Pythonでxmlrpc | Main | VMwarePlayer用の仮想HDD »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PYTHON_EGG_CACHE:

» [Trac]EGG_CACHEのエラーの原因 [almost nearly dead]
前にプロジェクト一覧に『.egg-cache』? で書いた件ですが、  以前はSetEnvでApacheのconfファイルに書いていましたが、いつの間にかPythonOptionで指定することが基本になったようです。 気の向くままに・・・: PYTHON_EGG_CACHE と言うことのようです。 trac 0.11と0.11.... [Read More]

Tracked on 2008.09.29 14:27

« Pythonでxmlrpc | Main | VMwarePlayer用の仮想HDD »