« WebDAVを用いてファイル共有 | Main | SSLクライアント証明書が必要なサイトへのXML-RPC »

2008.09.11

BatchModifyPlugin(2)

BatchModifyPluginの補足。

現在のバージョンでは、

・カスタマイズしたワークフローに関しては、選択はできるものの、想定している遷移パターンには対応していないようです。なので、通常のチケット更新からでは遷移できないステータスへも変更できてしまいます。

・ステータスとresolutionとは連動していません。従って、assignedのままfixedとしたり、resolutionなしのclosedとしたりすることもできてしまいます。

という点に注意が必要かも知れません。

なお、後者は、「暫定処置」ならソースを直接修正することで比較的容易に対応できますが、前者は・・・それなりに大変な気が。

さらに補足。Trac0.11.1(ja)の場合、foldingが正しく反応してくれないようです。<fieldset>要素直下の<legend>要素に対して、属性class="foldable"を追加すればOK。

どうも、r7294とr6940の間にその部分の記述が変わったっぽいですね。

|

« WebDAVを用いてファイル共有 | Main | SSLクライアント証明書が必要なサイトへのXML-RPC »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BatchModifyPlugin(2):

« WebDAVを用いてファイル共有 | Main | SSLクライアント証明書が必要なサイトへのXML-RPC »