« virtuozzoのリソースの取り扱い | Main | WebDAVを用いてファイル共有 »

2008.09.09

AjaXplorer

AjaXplorer
オンラインストレージサービスのような感じのものを自前のサーバで構築するためのWebアプリケーションといったところでしょうか。

phpが動くようになっていれば、インストールそのものはサクッと完了します。手元のCentOSの場合、そもそもphpをインストールしていなかったので、まずはyum install phpでインストール。
1.AjaXplorer 2.3.5のアーカイブをダウンロードして展開。
2./var/www/html/ajaxplorerとしてコピー。
3.chownでajaxplorerのフォルダの所有者を(サブフォルダも含めて)apacheに。
とりあえず、上記3点を行えば使えるようになります。外部サーバと組み合わせて使用したりする場合、server/conf/conf.phpファイルを編集する必要がありそうですが、単体で使用する場合はデフォルトのままでもOKのようです。

なお、.htaccessでアクセス制限を行っているため、Apacheの設定でAllowOverride noneなんてしていると、予期せぬファイルが閲覧されたりするので注意が必要。

Webで調べてみると、認証機能がないといった話がありましたが、2.3.5ではユーザ管理が行えるようになっているようです。残念ながら、更新履歴が見つからなかったので、いつの時点で機能が追加されたのかまではわかりませんでしたが・・・。

気になった点としては、serverフォルダにおいては何故か.htaccessでのアクセス制御が行われていないんですよね・・・(とりあえず.htaccessを追加してみました・・・が、もしかしたら、これが原因でどこか動かない機能が出てきたりするのかも知れません)。

ちなみに、日本語化に関して。
フォルダ構成は変更されていますが、http://www.chrysaor.org/wiki/index.php?Ajaxplorerにまとめられている内容+αで対応できました。

1.client/i18n フォルダ内にja.phpを作成。なお、ファイルのエンコードをutf8で作成しておくと、server/classes/class.ConfService.php ファイルの編集が不要になります(mb_convert_variablesの処理が不要になる)。

2.server/conf/conf.php の $available_languages に、"ja"=>"Japanese" を追加。これで、設定画面で「Japanese」を選択できるようになります。

3.client/html/fancy_tpl.html、client/html/admin.html の2つのhtmlファイルのcharset=iso-8859-1charset=utf-8に。

4.以下のファイルから、utf8_decode,utf8_encodeを除去する。
 ・content.php
 ・index.php
 ・server/classes/class.AJXP_XMLWriter.php
 ・server/classes/class.HTMLWriter.php
 ・server/classes/class.UserSelection.php
 ・server/classes/class.AJXP_ClientDriver.php
 ・server/classes/class.AbstractDriver.php
 ・plugins/ajxp.fs/class.fsDriver.php
 なお、AJXP_ClientDriver.phpにおいては、$mess = array_map("utf8_encode", $mess);という部分の除去(コメント化)も必要となるので注意。

ちなみに、アップロード可能なファイルサイズは、/etc/php.ini内のupload_max_filesizeおよびpost_max_sizeの値に準拠します(デフォルトでは2MB)。

#同様のアプリケーションで、他にPHP Navigatorというものもあるようです。こちらも、PHPで動作。

|

« virtuozzoのリソースの取り扱い | Main | WebDAVを用いてファイル共有 »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

AjaXplorer 2.3.5ですが、アーカイブを展開しサーバーへUPしました。

ログイン画面が出てきてうまく動いているようですが、、ログインが出来ません。
admin でログインするように思いますが出来ません。

admin.phpにアクセスしても Forbidden と出るだけで アクセスできません。
どうすればいいか教えていただけませんか?
突然で申し訳ありません;;

Posted by: Harutaka | 2008.09.28 at 16:19

初回ログイン時に、adminのパスワードをファイルに保管しますが、フォルダのアクセス権限の設定はできていますでしょうか? とりあえず考えられるのはそのあたりでしょうか・・・。

Posted by: syo | 2008.09.28 at 18:14

お返事ありがとうございます。

ファイルをすべてアップロードし filesフォルダとserver/usersのパーミッションを777に変更しました。
その後、
AjaXplorer/index.phpにアクセスするとIDとPWを求められますが、このID PW は何も設定してないのでわかりません。
User does not exists, please try again
(adminなど いろいろ入れましたがダメです)

AjaXplorer/admin.phpにアクセスすると Forbidden としか出ません。

何か 間違えているのでしょうか?

Posted by: Harutaka | 2008.09.28 at 18:57

初回ログイン時は、ID:admin/PW:adminでログインできませんでしょうか?(index.phpに最初にアクセスした際に、自動的に生成される)

一度、server/usersフォルダ内のusers.serファイルを(および、server/users/adminフォルダがある場合はそれも)削除してみてもいいかもしれません。再度adminのアカウントの自動生成が行われるはずです。

#AjaXplorerの場合、明示的にurlにadmin.phpを入力しなくてもいけるはずです(adminでログインした場合に管理者画面のメニューが表示されます)。

Posted by: syo | 2008.09.28 at 20:45

ありがとうございます。
users.serを 削除して再度アクセスしたらログインできました。
突然の質問に対し、親切に教えていただきありがとうございます。

Posted by: Harutaka | 2008.09.28 at 22:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/42394912

Listed below are links to weblogs that reference AjaXplorer:

« virtuozzoのリソースの取り扱い | Main | WebDAVを用いてファイル共有 »