« JExcelAPI 日付のセット | Main | VMwareのゲストOSに対してSSHでアクセス »

2008.08.30

VMwareのDHCPのセグメントを変更

VMwareでゲストOSのネットワークをNATにした場合、デフォルトではVMnet8のネットワークアダプタを経由してDHCP(ホスト側のVMware用DHCPサーバ)によりIPアドレスが割り振られます。

通常の使用においてはまず問題になることはないと思いますが、会社等でVPNが構築されている場合、セグメントがバッティングしてしまうというケースも。そういう時は、VMnet8(およびVMwareDHCPサーバ)のセグメントを変更すればOK。

VMware Playerを使用中の場合、C:\Program Files\VMware\VMware Player\vmnetcfg.exeを実行してHost Virtual Network MappingタブでVMnet8(VMware Network Adapter VMnet8)のSubnetを変更すればOK。

もしかすると、ホスト側のネットワークアダプタのIPアドレスも変更する必要があるかも知れません(先にホスト側のIPアドレスを変えてしまったので・・・(^^;

vmware updateでネットワークセグメント変更を元に戻す方法 あたりが画像付きで詳しく説明されております。ただ、このページからすると、先にホスト側のIPアドレスを変更しておく必要があるのかも知れません。

|

« JExcelAPI 日付のセット | Main | VMwareのゲストOSに対してSSHでアクセス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/42325344

Listed below are links to weblogs that reference VMwareのDHCPのセグメントを変更:

« JExcelAPI 日付のセット | Main | VMwareのゲストOSに対してSSHでアクセス »