« JExcelAPI 日付のセット | Main | VMwareのゲストOSに対してSSHでアクセス »

2008.08.30

VMwareのDHCPのセグメントを変更

VMwareでゲストOSのネットワークをNATにした場合、デフォルトではVMnet8のネットワークアダプタを経由してDHCP(ホスト側のVMware用DHCPサーバ)によりIPアドレスが割り振られます。

通常の使用においてはまず問題になることはないと思いますが、会社等でVPNが構築されている場合、セグメントがバッティングしてしまうというケースも。そういう時は、VMnet8(およびVMwareDHCPサーバ)のセグメントを変更すればOK。

VMware Playerを使用中の場合、C:\Program Files\VMware\VMware Player\vmnetcfg.exeを実行してHost Virtual Network MappingタブでVMnet8(VMware Network Adapter VMnet8)のSubnetを変更すればOK。

もしかすると、ホスト側のネットワークアダプタのIPアドレスも変更する必要があるかも知れません(先にホスト側のIPアドレスを変えてしまったので・・・(^^;

vmware updateでネットワークセグメント変更を元に戻す方法 あたりが画像付きで詳しく説明されております。ただ、このページからすると、先にホスト側のIPアドレスを変更しておく必要があるのかも知れません。

|

« JExcelAPI 日付のセット | Main | VMwareのゲストOSに対してSSHでアクセス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VMwareのDHCPのセグメントを変更:

« JExcelAPI 日付のセット | Main | VMwareのゲストOSに対してSSHでアクセス »