« JMeter : パラメータの内容をログに出力 | Main | JMeter : バッチファイルからの実行 »

2008.08.14

JMeter : カウンタ

counter関数を使う方法
例えばHTTPリクエストで

${__counter(TRUE,count)}

って感じで指定すればOK。第2引数を指定すると、その名前の変数に値がセットされるため、それ以降の処理で採番された値を使用することができます(上記の場合は${count})。なお、このカウンタは1から1ずつ増えていくという挙動しかしないため、それ以外の条件で使用する場合は「前処理のカウンタ」を使用することとなります。
ユーザ毎にカウンタを採番する場合は第1引数をTRUEに、テスト全体で共通のカウンタを使用する場合は第1引数をFALSEにするとのことです。カウンタの用途にも寄りますが、ユーザ毎に採番することの方が多い・・・のではないかと。

前処理のカウンタを使う方法
開始値や増分を指定することができるカウンタ。また、カウンタの最大値を指定することで一定の範囲内でループさせることもできます。なお、counter関数の第1引数に相当するものは「各ユーザ独立のトラックカウンタ」のチェックボックスになるかと。

|

« JMeter : パラメータの内容をログに出力 | Main | JMeter : バッチファイルからの実行 »

Java」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JMeter : カウンタ:

« JMeter : パラメータの内容をログに出力 | Main | JMeter : バッチファイルからの実行 »