« 64bit版をインストールするCPU | Main | TicketDeletePlugin(Trac0.11) »

2008.07.30

Trac0.11のTicketの日付表示(2)

Trac0.11のTicketの日付表示

 さてさて、dateinfoそのものを書き換えた場合の影響範囲は・・・不明(^^;
 とりあえず、dateinfoで検索すると、結構いろんなところで呼び出されているようで。どちらのdateinfoが呼び出されているのかはわかりませんが、さすがに危険な気がしたので、dateinfoそのものは元に戻して別の関数を追加することに。

web/chrome.pyでdateinfoを定義している後ろあたりにdateinfo2という関数を追加。

def dateinfo2(date):
  return tag.span(format_datetime(date),
    title=pretty_timedelta(date))

このままだと、htmlテンプレートからdateinfo2関数を見つけることができないので、同じくweb/chrome.pyの# Date/time formattingのところに
'dateinfo2': dateinfo2,

という内容を追加。

で、ticket/template/ticket.htmlでdateinfoを呼び出しているところをdateinfo2に書き換え、必要に応じて他の部分も(レイアウトの調整等も含めて)修正。

他の画面でも、同様に日付の記載方法を切り替えたくなったら、適宜テンプレートを書き換えていけばオッケー。

|

« 64bit版をインストールするCPU | Main | TicketDeletePlugin(Trac0.11) »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Trac0.11のTicketの日付表示(2):

« 64bit版をインストールするCPU | Main | TicketDeletePlugin(Trac0.11) »