« 日本語への変換処理 | Main | 64bit版をインストールするCPU »

2008.07.28

Trac0.11のTicketの日付表示

Trac Ticketの日時表示

 テンプレートエンジンがClearSilverからGenshiに変更されたことなども関係していると思われますが、0.11では上記の方法ではTrac Ticketの日時表示を切り替えることができません。
 ticket.htmlの該当部分を見てみると、${dateinfo(ticket.time_created)}といった感じで、dateinfo関数に日付情報を渡していますので、dateinfo関数を定義している場所を検索。web/chrome.pytimeline/web_ui.pyの2箇所に存在。タイムラインへのリンクが付加されていることから、実際には後者の方が呼び出されているようです。

 試しに、timeline/web_ui.pyの

def dateinfo(date):
  return self.get_timeline_link(req, date,
    pretty_timedelta(date),
    precision='second')

となっているところを、
def dateinfo(date):
  return tag.span(format_datetime(date),
    title=pretty_timedelta(date))

のような感じで書き換えると、登録: 2008/07/21 17:56:44 前のような感じで表示されるようになりました(最終更新およびコメント等の追記時刻も同様)。なお、の部分を除去するには、現状ではticket.htmlを直接編集するしかないようです。

#なお、上記の書き換えの場合、タイムラインへのリンクは付加されません。

|

« 日本語への変換処理 | Main | 64bit版をインストールするCPU »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/41978539

Listed below are links to weblogs that reference Trac0.11のTicketの日付表示:

» Trac0.11のTicketの日付表示(2) [気の向くままに・・・]
Trac0.11のTicketの日付表示  さてさて、dateinfoそのものを [Read More]

Tracked on 2008.07.30 at 11:01

« 日本語への変換処理 | Main | 64bit版をインストールするCPU »