« 日本語への変換処理 | Main | 64bit版をインストールするCPU »

2008.07.28

Trac0.11のTicketの日付表示

Trac Ticketの日時表示

 テンプレートエンジンがClearSilverからGenshiに変更されたことなども関係していると思われますが、0.11では上記の方法ではTrac Ticketの日時表示を切り替えることができません。
 ticket.htmlの該当部分を見てみると、${dateinfo(ticket.time_created)}といった感じで、dateinfo関数に日付情報を渡していますので、dateinfo関数を定義している場所を検索。web/chrome.pytimeline/web_ui.pyの2箇所に存在。タイムラインへのリンクが付加されていることから、実際には後者の方が呼び出されているようです。

 試しに、timeline/web_ui.pyの

def dateinfo(date):
  return self.get_timeline_link(req, date,
    pretty_timedelta(date),
    precision='second')

となっているところを、
def dateinfo(date):
  return tag.span(format_datetime(date),
    title=pretty_timedelta(date))

のような感じで書き換えると、登録: 2008/07/21 17:56:44 前のような感じで表示されるようになりました(最終更新およびコメント等の追記時刻も同様)。なお、の部分を除去するには、現状ではticket.htmlを直接編集するしかないようです。

#なお、上記の書き換えの場合、タイムラインへのリンクは付加されません。

|

« 日本語への変換処理 | Main | 64bit版をインストールするCPU »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Trac0.11のTicketの日付表示:

» Trac0.11のTicketの日付表示(2) [気の向くままに・・・]
Trac0.11のTicketの日付表示  さてさて、dateinfoそのものを [Read More]

Tracked on 2008.07.30 11:01

« 日本語への変換処理 | Main | 64bit版をインストールするCPU »