« Tracで権限の種類を追加 | Main | Trac0.11のTicketの日付表示 »

2008.07.27

日本語への変換処理

 インタアクト株式会社にて公開されているTrac-0.11.ja1の中身を見ていて気付いたのですが、日本語への変換処理の大半は、util/translation.py にて定義されているんですね。

 というか、ja1においてはtranslation.py自体にも修正が行われているようで(オリジナルのソースと比較)。なお、現在のtrunk(r7056)のソースは0.11に比べるとかなり処理が増えているようです。

 0.12になると(i18n and localizationsの対応が入るので)また大幅に変わるのかも知れませんが、とりあえず0.11.xの間は比較的容易にバージョンアップしやすいようにした、といった感じでしょうか。

|

« Tracで権限の種類を追加 | Main | Trac0.11のTicketの日付表示 »

Subversion・Trac・etc.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3959/41977706

Listed below are links to weblogs that reference 日本語への変換処理:

« Tracで権限の種類を追加 | Main | Trac0.11のTicketの日付表示 »