« ATOKの対応OS | Main | Trac0.11b1&XmlRpcPlugin »

2008.02.14

Struts&SAStruts

 ひがやすを blog - Strutsをなめんな

 Strutsは過去に何度かアプリケーション構築に使用したことがあります。もっとも、個人的にjspがあまり好きではないので(^^;、Velocityとの組み合わせがほとんどですが(というか、Struts単体で使ったことってなかったかも)。

 画面数が増えてくるにつれ設定ファイルがどんどんと肥大化し、わけがわからなくなってくるのが難点ではありますが、それ以外の点では大きな不満はありませんでした(最初Actionのインスタンスが1つしか生成されないというのを知らずにハマりかけましたが)。

 ここ最近Teeda Extensionを使用していくつかアプリケーションの構築を行い、いろいろと楽に開発することができました。が、Tableでcolspan/rowspanが動的(1つのテーブル内で行(表示対象とするエンティティ)によってcolspanが変わったり、列によってrowspanが変わったり)に変化するページを作ろうとした時に、xhtmlの制約に引っかかってしまってあきらめたことも(単に実現する方法を知らなかっただけなのかもしれませんが)。

 Velocityのテンプレートを用いた場合は、テンプレートエンジンで処理した結果がhtmlになっていれば、テンプレートの中自体はかなりルーズに書けるので。もっとも、ルーズに書きすぎると、これはこれでメンテナンスできないページになってしまいますが(笑)。

 SAStrutsを使用すると、設定ファイルなしでStrutsフレームワークを使用できるとのことですので、機会があれば一度試してみたいところであります。Viewの部分は・・・Velocityと組み合わせることはできるんですかね?(Mayaaとの組み合わせが一般的?)

 ところで、Teedaを使った場合、htmlフォームの記述が非常に楽にできるんですよね~。JSPやMayaaでも、カスタムタグを使用すれば同じくらい楽にできるのかもしれませんが。Velocityを使った場合、マクロを作成するとある程度は楽になりますが、フォーム部分がなかなか苦労するんですよね(苦笑)。
 Teeda の今後を読んでいると、なかなか惹かれるものがありますので、結果的に次もTeedaを使っているかもしれませんが(^^;

Tapestryは・・・挫折してしまいました。

|

« ATOKの対応OS | Main | Trac0.11b1&XmlRpcPlugin »

Java」カテゴリの記事

Comments

Teeda 1.0.13-rc2 から forEach や condition でもダイナミックプロパティが使えるようになったので,colspan/rowspan が動的に変わるページも対応できるようになりました.
Teeda HTML Example の foreach/foreachRowspan.html がそのサンプルです.

Posted by: koichik | 2008.02.26 22:00

コメントありがとうございます。現在休眠状態にあるプロジェクトが復活した際に、是非Teedaの差し替えを行おうと思います(^^)。

開発時はTableの入れ子で対応していたのですが、セル毎の横幅がなかなか意図したとおりになってくれないんですよね・・・。

#もしかしたら、休眠中のプロジェクトが復活する前に別のプロジェクトで使用しているかもしれませんが(^^;

Posted by: syo | 2008.02.29 23:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Struts&SAStruts:

« ATOKの対応OS | Main | Trac0.11b1&XmlRpcPlugin »